Share via


sys.sequences (Transact-SQL)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

データベース内のシーケンス オブジェクトごとに 1 行のデータを格納します。

列名 データ型 説明
<継承された列> sys.objects からすべての列を継承します。
start_value NOT NULL sql_variant シーケンス オブジェクトの開始値。 ALTER SEQUENCE を使用してシーケンス オブジェクトを再開するときに、この値から再開されます。 シーケンス オブジェクトが循環すると、 start_value ではなく、 minimum_valueまたはmaximum_valueに進 みます
increment NOT NULL sql_variant 生成された各値の後にシーケンス オブジェクトをインクリメントするために使用される値。
minimum_value sql_variant NULL シーケンス オブジェクトによって生成できる最小値。 この値に達すると、シーケンス オブジェクトは、より多くの値を生成しようとしたときにエラーを返すか、CYCLE オプションが指定されている場合は再起動します。 MINVALUE が指定されていない場合、この列はシーケンス ジェネレーターのデータ型でサポートされる最小値を返します。
maximum_value sql_variant NULL シーケンス オブジェクトによって生成できる最大値。 この値に達すると、シーケンス オブジェクトは、より多くの値を生成しようとしたときにエラーの返しを開始するか、CYCLE オプションが指定されている場合は再起動します。 MAXVALUE が指定されていない場合、この列は、シーケンス ジェネレーターのデータ型によってサポートされる最大値を返します。
is_cycling bit NOT NULL シーケンス オブジェクトに対して NO CYCLE が指定されている場合は 0 を返し、CYCLE が指定されている場合は 1 を返します。
is_cached bit NOT NULL シーケンス オブジェクトに NO CACHE が指定されている場合は 0、CACHE が指定されている場合は 1 を返します。
cache_size int NULL シーケンス オブジェクトの指定されたキャッシュ サイズを返します。 シーケンスが NO CACHE オプションを使用して作成されている場合、またはキャッシュ サイズを指定せずに CACHE が指定されている場合、この列には NULL が格納されます。 キャッシュ サイズとして指定された値がシーケンス オブジェクトで返すことができる値の最大数より大きい場合、取得不可能なキャッシュ サイズがそのまま表示されます。
system_type_id tinyint NOT NULL シーケンス オブジェクトのデータ型のシステム型の ID。
user_type_id int NOT NULL ユーザーが定義したシーケンス オブジェクトのデータ型の ID。
有効桁数 (precision) tinyint NOT NULL データ型の最大有効桁数。
scale tinyint NOT NULL 型の小数点以下の最大桁数。 スケールは、ユーザーに完全なメタデータを提供するために、精度と共に返されます。 整数型のみが許可されるため、シーケンス オブジェクトのスケールは常に 0 です。
current_value NOT NULL sql_variant 必須の最後の値。 つまり、NEXT VALUE FOR 関数の最新の実行から返された値、または sp_sequence_get_range プロシージャの実行からの最後の値です。 シーケンスが一度も使用されていない場合は、START WITH 値を返します。
is_exhausted bit NOT NULL 0 は、シーケンスからさらに多くの値を生成できることを示します。 1 は、シーケンス オブジェクトが MAXVALUE パラメーターに達し、シーケンスが CYCLE に設定されていないことを示します。 NEXT VALUE FOR 関数は、ALTER SEQUENCE を使用してシーケンスが再起動されるまでエラーを返します。
last_used_value sql_variant NULL Next Value For 関数によって生成された最後の値を返します。 SQL Server 2017 以降に適用されます。

アクセス許可

SQL Server 2005 (9.x) 以降のバージョンでは、カタログ ビューでのメタデータの可視性は、ユーザーが所有しているか、ユーザーに何らかのアクセス許可が付与されているセキュリティ保護可能なリソースに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

シーケンス番号
CREATE SEQUENCE (Transact-SQL)
ALTER SEQUENCE (Transact-SQL)
DROP SEQUENCE (Transact-SQL)
NEXT VALUE FOR (Transact-SQL)
sp_sequence_get_range (Transact-SQL)