sys.sysfiles (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

データベース内のファイルごとに 1 つの行が含まれます。

重要

この SQL Server 2000 システム テーブルは、下位互換性を保つためにビューとして含まれています。 代わりに、現在の SQL Server システム ビューを使用することをお勧めします。 同等のシステム ビューまたはシステム ビューを見つけるには、「 システム テーブルとシステム ビューのマッピング (Transact-SQL)」を参照してください。 この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

列名 データ型 説明
fileid smallint 各データベースで一意なファイル ID 番号です。
groupid smallint ファイル グループ ID 番号。
size int ファイルのサイズ (8 KB ページ単位)。
Maxsize int 最大ファイル サイズ (8 KB ページ単位) です。

0 = ファイル サイズが拡張しないことを表します。

-1 = ディスクがいっぱいになるまでファイル サイズが拡張します。

268435456 = ログ ファイルは最大 2 TB に拡張されます。

注: 無制限のログ・ファイル・サイズでアップグレードされたデータベースは、ログ・ファイルの最大サイズに対して -1 を報告します。
成長 int データベースの拡大サイズ。 状態の値に応じて、ページ数またはファイル サイズの割合を指定 できます

0 = ファイル サイズが拡張しないことを表します。
status int 増加値の状態ビット (メガバイト (MB) またはキロバイト (KB) 単位)。

0x2 = ディスク ファイル。

0x40 = ログ ファイル。

0x100000 = 増加。 この値はパーセンテージであり、ページ数ではありません。
パフォーマンス int 予約済み。
name sysname ファイルの論理名です。
ファイル名 nvarchar(260) 物理デバイスの名前です。 これには、ファイルの完全なパスが含まれます。

参照

システム テーブルからシステム ビューへのマッピング (Transact-SQL)
互換性ビュー (Transact-SQL)