sys.sysobjects (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Analytics Platform System (PDW)

制約、デフォルト、ログ、ルール、ストアド プロシージャなど、データベース内で作成されるオブジェクトごとに 1 行のデータを保持します。

重要

この SQL Server 2000 システム テーブルは、下位互換性を保つためにビューとして含まれています。 代わりに、現在の SQL Server システム ビューを使用することをお勧めします。 同等のシステム ビューまたはビューを見つけるには、「 システム テーブルをシステム ビューにマッピングする (Transact-SQL)」を参照してください。 この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

列名 データ型 説明
name sysname オブジェクト名
id int オブジェクト識別番号
xtype char(2) オブジェクトの種類です。 次のいずれかのオブジェクト型を指定できます。

AF = 集計関数 (CLR)
C = CHECK 制約
D = Default 制約または DEFAULT 制約
F = FOREIGN KEY 制約
L = ログ
FN = スカラー関数
FS = アセンブリ (CLR) スカラー関数
FT = アセンブリ (CLR) テーブル値関数
IF = In-lined table-function
IT = 内部テーブル
P = ストアド プロシージャ
PC = アセンブリ (CLR) ストアド プロシージャ
PK = PRIMARY KEY 制約 (種類は K)
RF = レプリケーション フィルター ストアド プロシージャ
S = システム テーブル
SN = シノニム
SO = シーケンス
SQ = サービス キュー
TA = アセンブリ (CLR) DML トリガー
TF = テーブル関数
TR = SQL DML トリガー
TT = テーブルの種類
U = ユーザー テーブル
UQ = UNIQUE 制約 (種類は K)
V = ビュー
X = 拡張ストアド プロシージャ
uid smallint オブジェクトの所有者のスキーマ ID。 以前のバージョンのSQL Serverからアップグレードされたデータベースの場合、スキーマ ID は所有者のユーザー ID と同じです。 ユーザーとロールの数が 32,767 を超える場合は、オーバーフローするか NULL を返します。

大事な:次のいずれかのSQL Server DDL ステートメントを使用する場合は、代わりに sys.sysobjectssys.objects カタログ ビューを使用する必要があります。

CREATE |ALTER |DROP USER

CREATE |ALTER |DROP ROLE

CREATE |ALTER |アプリケーション ロールを削除する

CREATE SCHEMA

オブジェクトに対する ALTER AUTHORIZATION
info smallint 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
status int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
base_schema_ver int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
replinfo int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
parent_obj int 親オブジェクトのオブジェクト識別番号。 たとえば、トリガーや制約の場合はテーブル ID です。
crdate datetime オブジェクトが作成された日付です。
ftcatid smallint フルテキスト インデックス作成で登録されたすべてのユーザー テーブルのフルテキスト カタログの識別子です。登録されていないすべてのユーザー テーブルには 0 を指定します。
schema_ver int テーブルのスキーマが変更されるたびに増加するバージョン番号です。 常に 0 を返します。
stats_schema_ver int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
type char(2) オブジェクトの種類です。 値は、次のいずれかです。

AF = 集計関数 (CLR)
C = CHECK 制約
D = 既定または DEFAULT 制約
F = FOREIGN KEY 制約
FN = スカラー関数
FS = アセンブリ (CLR) スカラー関数
FT = アセンブリ (CLR) テーブル値 functionIF = In-lined table-function
IT = 内部テーブル
K = PRIMARY KEY 制約または UNIQUE 制約
L = ログ
P = ストアド プロシージャ
PC = アセンブリ (CLR) ストアド プロシージャ
R = ルール
RF = レプリケーション フィルター ストアド プロシージャ
S = システム テーブル
SN = シノニム
SQ = サービス キュー
TA = アセンブリ (CLR) DML トリガー
TF = テーブル関数
TR = SQL DML トリガー
TT = テーブルの種類
U = ユーザー テーブル
V = ビュー
X = 拡張ストアド プロシージャ
userstat smallint 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
sysstat smallint 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
indexdel smallint 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
refdate datetime 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
version int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
deltrig int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
instrig int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
updtrig int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
seltrig int 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。
category int パブリケーション、制約、および ID に使用されます。
cache smallint 単に情報を示すためだけに特定されます。 サポートされていません。 将来の互換性は保証されません。

関連項目