次の方法で共有


sys.dm_exec_describe_first_result_set (Transact-SQL)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

この動的管理機能は、Transact-SQL ステートメントをパラメーターとして受け取り、ステートメントの最初の結果セットのメタデータを記述します。

sys.dm_exec_describe_first_result_set は、 sys.dm_exec_describe_first_result_set_for_object (Transact-SQL) と同じ結果セット定義を持ち、 sp_describe_first_result_set (Transact-SQL) に似ています。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sys.dm_exec_describe_first_result_set(@tsql, @params, @include_browse_information)  

引数

@tsql
1 つ以上の Transact-SQL ステートメント。 Transact-SQL_batch には、nvarchar(n) または nvarchar(max) を指定できます。

@params
@paramsは、sp_executesqlと同様に、Transact-SQL バッチのパラメーターの宣言文字列を提供します。 parameters には、nvarchar(n) または nvarchar(max) を指定できます。

Transact-SQL_batch に埋め込まれているすべてのパラメーターの定義が格納された 1 つの文字列です。 この文字列は Unicode 定数または Unicode 変数にする必要があります。 各パラメーター定義は、パラメーター名とデータ型で構成されます。 n は、追加のパラメーター定義を示すプレースホルダーです。 stmt に指定する各パラメーターは、@params で定義する必要があります。 Transact-SQL ステートメントまたはステートメント内のバッチにパラメーターが含まれていない場合、@params は不要です。 このパラメーターの既定値は NULL です。

@include_browse_information
1 に設定すると、各クエリは FOR BROWSE オプションが指定されているように分析されます。 追加のキー列とソース テーブル情報が返されます。

返されるテーブル

この共通メタデータが結果セットとして返されます。 結果のメタデータの各列に対して、列の種類と NULL 許可属性が次の表に示す形式で 1 行に記述されます。 各コントロールのパスに最初のステートメントが存在しない場合は、0 行の結果セットが返されます。

列名 データ型 説明
is_hidden bit この列が、参照および情報提供の目的で追加された余分な列で、実際に結果セットには表示されないかどうかを示します。
column_ordinal int 結果セット内の列の位置を示す序数を格納します。 最初の列の位置は 1 で指定されます。
name sysname 列の名前を確認できる場合は、その名前を格納します。 確認できない場合は、NULL が格納されます。
is_nullable bit 次の値を格納します。

列が NULL を許容する場合は 1。

列 が NULL を許容しない場合は 0。

列が NULL を許容することを確認できない場合は 1。
system_type_id int sys.types で指定された列データ型のsystem_type_idを格納します。 CLR 型の場合は、system_type_name 列が NULL を返しても、この列は値 240 を返します。
system_type_name nvarchar (256) 列のデータ型に指定されている名前と引数 (長さ、有効桁数、小数点以下桁数など) を格納します。

データ型がユーザー定義の別名型の場合は、基になるシステム型がここで指定されます。

データ型が CLR ユーザー定義型の場合は、この列には NULL が返されます。
max_length smallint 列の最大長 (バイト単位) です。

-1 = 列のデータ型は、varchar(max)nvarchar(max)varbinary(max)、または xml です。

text 列の場合、max_length の値は、16 または sp_tableoption 'text in row' によって設定された値になります。
有効桁数 (precision) tinyint 数値ベースの場合は、列の有効桁数です。 それ以外の場合は 0 を返します。
scale tinyint 数値ベースの場合は、列の小数点以下桁数です。 それ以外の場合は 0 を返します。
collation_name sysname 文字ベースの場合は、列の照合順序の名前です。 それ以外の場合は NULL を返します。
user_type_id int CLR 型と別名型の場合、sys.types で指定された列のデータ型の user_type_id を格納します。 それ以外の場合は NULL です。
user_type_database sysname CLR 型と別名型の場合、その型が定義されたデータベースの名前を格納します。 それ以外の場合は NULL です。
user_type_schema sysname CLR 型と別名型の場合、その型が定義されたスキーマの名前を格納します。 それ以外の場合は NULL です。
user_type_name sysname CLR 型と別名型の場合、その型の名前を格納します。 それ以外の場合は NULL です。
assembly_qualified_type_name nvarchar (4000) CLR 型の場合、その型を定義するアセンブリの名前とクラスを返します。 それ以外の場合は NULL です。
xml_collection_id int sys.columns で指定された列のデータ型の xml_collection_id を格納します。 この列は、返される型が XML スキーマ コレクションに関連付けられていない場合は NULL を返します。
xml_collection_database sysname この型に関連付けられている XML スキーマ コレクションが定義されているデータベースを格納します。 この列は、返される型が XML スキーマ コレクションに関連付けられていない場合は NULL を返します。
xml_collection_schema sysname この型に関連付けられている XML スキーマ コレクションが定義されているスキーマを格納します。 この列は、返される型が XML スキーマ コレクションに関連付けられていない場合は NULL を返します。
xml_collection_name sysname この型に関連付けられている XML スキーマ コレクションの名前を格納します。 この列は、返される型が XML スキーマ コレクションに関連付けられていない場合は NULL を返します。
is_xml_document bit 返されたデータ型が XML で、その型が XML フラグメントではなく完全な XML ドキュメント (ルート ノードを含む) であると保証される場合、1 を返します。 それ以外の場合は 0 を返します。
is_case_sensitive bit この列が、大文字と小文字を区別する文字列型の場合、1 を返します。 それ以外の場合は 0 を返します。
is_fixed_length_clr_type bit この列が固定長の CLR 型の場合、1 を返します。 それ以外の場合は 0 を返します。
source_server sysname (リモート サーバーから発生する場合) 元のサーバーの名前です。 sys.servers で指定されている名前です。 この列がローカル サーバー上で発生した場合、または元のサーバーを特定できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
source_database sysname この結果内の列によって返された元のデータベースの名前です。 データベースを特定できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
source_schema sysname この結果内の列によって返された元のスキーマの名前です。 スキーマを特定できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
source_table sysname この結果内の列によって返された元のテーブルの名前です。 テーブルを特定できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
source_column sysname 結果列から返された元の列の名前です。 列を特定できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
is_identity_column bit この列が ID 列の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。 ID 列であることを確認できない場合は NULL を返します。
is_part_of_unique_key bit この列が一意インデックス (一意制約と主キー制約を含む) の一部である場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。 一意インデックスの一部であることを確認できない場合は NULL を返します。 参照情報が要求された場合にのみ設定されます。
is_updateable bit この列が更新可能である場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。 更新可能であることを確認できない場合は NULL を返します。
is_computed_column bit この列が計算列の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。 計算列であることを確認できない場合は NULL を返します。
is_sparse_column_set bit この列がスパース列の場合は 1、それ以外の場合は 0 を返します。 スパース列セットの一部であることを確認できない場合は NULL を返します。
ordinal_in_order_by_list smallint ORDER BY リストにおけるこの列の位置を返します。 この列が ORDER BY リストにない場合、または ORDER BY リストを一意に特定できない場合は NULL を返します。
order_by_list_length smallint ORDER BY リストの長さを返します。 ORDER BY リストがない場合、または ORDER BY リストを一意に特定できない場合は NULL を返します。 この値は、sp_describe_first_result_set によって返されるすべての行に対して同じであることに注意してください。
order_by_is_descending smallint NULL ordinal_in_order_by_list が NULL でない場合、order_by_is_descending 列には、この列の ORDER BY 句の方向がレポートされます。 それ以外の場合は、NULL が報告されます。
error_number int 関数によって返されるエラー番号が格納されます。 エラーが発生しなかった場合は、NULL が格納されます。
error_severity int 関数によって返される重大度が格納されます。 エラーが発生しなかった場合は、NULL が格納されます。
error_state int 状態メッセージを格納します。 関数によって返されます。 エラーが発生しなかった場合は、NULL が格納されます。
error_message nvarchar(4096) 関数によって返されるメッセージが格納されます。 エラーが発生しなかった場合は、NULL が格納されます。
error_type int 返されるエラーを表す整数が格納されます。 error_type_desc にマップされます。 解説の下の一覧を参照してください。
error_type_desc nvarchar(60) 返されるエラーを表す短い大文字の文字列が格納されます。 error_type にマップされます。 解説の下の一覧を参照してください。

注釈

この関数は、sp_describe_first_result_set と同じアルゴリズムを使用します。 詳細については、「 sp_describe_first_result_set (Transact-SQL)」を参照してください。

次の表に、エラーの種類とその説明を示します。

error_type error_type 説明
1 MISC 他の項目に記載されていないすべてのエラー。
2 SYNTAX バッチ内で構文エラーが発生しました。
3 CONFLICTING_RESULTS 2 つの有効な最初のステートメント間に競合があるため、結果を特定できませんでした。
4 DYNAMIC_SQL 動的 SQL が最初の結果を返す可能性があるため、結果を特定できませんでした。
5 CLR_PROCEDURE CLR ストアド プロシージャが最初の結果を返す可能性があるため、結果を特定できませんでした。
6 CLR_TRIGGER CLR トリガーが最初の結果を返す可能性があるため、結果を特定できませんでした。
7 EXTENDED_PROCEDURE 拡張ストアド プロシージャが最初の結果を返す可能性があるため、結果を特定できませんでした。
8 UNDECLARED_PARAMETER 結果セットの 1 つ以上の列のデータ型が宣言されていないパラメーターに依存する可能性があるため、結果を特定できませんでした。
9 RECURSION バッチに再帰的なステートメントが含まれているため、結果を特定できませんでした。
10 TEMPORARY_TABLE バッチに一時テーブルが含まれており、バッチが sp_describe_first_result_set でサポートされていないため、結果を特定できませんでした。
11 UNSUPPORTED_STATEMENT バッチに sp_describe_first_result_set でサポートされていないステートメント (FETCH、REVERT など) が含まれているため、結果を特定できませんでした。
12 OBJECT_TYPE_NOT_SUPPORTED 関数に渡された @object_id はサポートされていません (つまり、ストアド プロシージャではありません)。
13 OBJECT_DOES_NOT_EXIST 関数に渡された @object_id がシステム カタログに見つかりませんでした。

アクセス許可

引数 @tsql を実行する権限が必要です。

トピック sp_describe_first_result_set (Transact-SQL) のその他の例は、sys.dm_exec_describe_first_result_setを使用するように調整できます。

A. 単一の Transact-SQL ステートメントに関する情報を返す

次のコードは、Transact-SQL ステートメントの結果に関する情報を返します。

USE AdventureWorks2022;  
GO  
SELECT * FROM sys.dm_exec_describe_first_result_set  
(N'SELECT object_id, name, type_desc FROM sys.indexes', null, 0) ;  

B. プロシージャに関する情報を返す

次の例では、2 つの結果セットを返す pr_TestProc という名前のストアド プロシージャを作成します。 次に、sys.dm_exec_describe_first_result_set がプロシージャの最初の結果セットに関する情報を返すことを示します。

USE AdventureWorks2022;  
GO  
  
CREATE PROC Production.TestProc  
AS  
SELECT Name, ProductID, Color FROM Production.Product ;  
SELECT Name, SafetyStockLevel, SellStartDate FROM Production.Product ;  
GO  
  
SELECT * FROM sys.dm_exec_describe_first_result_set  
('Production.TestProc', NULL, 0) ;  

C. 複数のステートメントを含むバッチからメタデータを返す

次の例では、2 つの Transact-SQL ステートメントを含むバッチを評価します。 結果セットは、返される最初の結果セットを表します。

USE AdventureWorks2022;  
GO  
  
SELECT * FROM sys.dm_exec_describe_first_result_set(  
N'SELECT CustomerID, TerritoryID, AccountNumber FROM Sales.Customer WHERE CustomerID = @CustomerID;  
SELECT * FROM Sales.SalesOrderHeader;',  
N'@CustomerID int', 0) AS a;  
GO  

参照

sp_describe_first_result_set (Transact-SQL)
sp_describe_undeclared_parameters (Transact-SQL)
sys.dm_exec_describe_first_result_set_for_object (Transact-SQL)