sys.dm_workload_management_workload_groups_stats (Transact-SQL)

適用対象:Azure Synapse Analytics

Azure Synapse Analytics のワークロード グループの統計とワークロード グループの有効な値を返します。

Note

この構文は、Azure Synapse Analytics のサーバーレス SQL プールでサポートされていません。

列名 データ型 説明 Range
group_id int ワークロード グループの一意の ID。
name sysname ワークロード グループの名前。
statistics_start_time datetime ワークロード グループの統計収集が開始された時刻。 この値は、ワークロード グループが作成されたとき、またはインスタンスが一時停止またはスケーリングされたときのいずれかです。
total_request_count bigint ワークロード グループ内の完了した要求の累積数。
total_shared_resource_requests bigint ワークロード グループの予約済みリソースを超えて共有プールのリソースを使用する、ワークロード グループ内の完了した要求の累積数。 ワークロード グループに MinResourcePercentage が設定されていない場合、要求は常に共有リソースを使用し、この数に登録されません。
total_queued_request_count bigint max_concurrency制限に達した後にキューに登録された要求の累積数。
total_request_execution_timeouts bigint query_execution_timeout_sec設定に基づいて完了前にタイムアウトしたワークロード グループ内の要求の累積数。
effective_min_percentage_resource tinyint サービス レベルとワークロード グループの設定を考慮して、有効なmin_percentage_resource設定を許可します。 有効なmin_percentage_resourceは、より低いサービス レベルで高く調整できます。 たとえば、DW100c では、許容される最小min_percentage_resourceは 25% です。 サービス レベルで値を付与できない場合、min_percentage_resourceは 0% に調整されます。 たとえば、DW6000c で 10% に設定min_percentage_resource、DW100c にスケールダウンすると、effective_min_percentage_resourceは 0% になります。
effective_cap_percentage_resource tinyint ワークロード グループの有効なcap_percentage_resource。 min_percentage_resource > 0 の他のワークロード グループがある場合、effective_cap_percentage_resourceは比例して低下します。
effective_request_min_resource_grant_percent decimal(5,2) ワークロード グループのrequest_min_resource_grant_percentの有効なランタイム値。 サービス レベルとワークロード グループの構成方法を考慮した有効な値。 サービス レベルのためにmin_percentage_resourceが調整された場合、effective_request_min_resource_grant_percentはそれに応じて調整されます。
effective_request_max_resource_grant_percent decimal(5,2) すべてのワークロード グループの構成を考慮したワークロード グループのrequest_max_resource_grant_percentの有効なランタイム値。

関連項目

Azure Synapse Analytics と並列Data Warehouse動的管理ビュー (Transact-SQL)