sp_addsrvrolemember (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

ログインを固定サーバー ロールのメンバーとして追加します。

重要

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。 代わりに ALTER SERVER ROLE を使用してください。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_addsrvrolemember [ @loginame= ] 'login'   
    , [ @rolename = ] 'role'  

引数

[ @loginame= ] 'login'
固定サーバー ロールに追加されるログインの名前です。 loginsysname で、既定値はありません。 ログインには、SQL Server ログインまたは Windows ログインを指定できます。 Windows ログインにSQL Serverへのアクセス権がまだ付与されていない場合は、自動的にアクセス権が付与されます。

[ @rolename= ] 'role'
ログインが追加される固定サーバー ロールの名前です。 rolesysname で、既定値は NULL で、次のいずれかの値である必要があります。

  • [sysadmin]

  • securityadmin

  • serveradmin

  • setupadmin

  • processadmin

  • diskadmin

  • dbcreator

  • bulkadmin

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

解説

ログインを固定サーバー ロールに追加すると、そのロールに関係付けられている権限がログインに与えられます。

sa ログインと public のロール メンバーシップを変更することはできません。

メンバーを固定データベース ロールまたはユーザー定義のロールに追加するには、sp_addrolemember を使用します。

ユーザー定義のトランザクション内では、sp_addsrvrolemember は実行できません。

アクセス許可

新しいメンバーが追加されるロールのメンバーシップが必要です。

次の例では、固定サーバー ロールに Windows ログイン Corporate\HelenSsysadmin 追加します。

EXEC sp_addsrvrolemember 'Corporate\HelenS', 'sysadmin';  
GO  

参照

セキュリティ ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
sp_addrolemember (Transact-SQL)
sp_dropsrvrolemember (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
セキュリティ関数 (Transact-SQL)
CREATE SERVER ROLE (Transact-SQL)
DROP SERVER ROLE (Transact-SQL)