sp_procoption (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

ストアド プロシージャの自動実行を設定または解除します。 自動実行に設定されているストアド プロシージャは、SQL Serverのインスタンスが開始されるたびに実行されます。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_procoption [ @ProcName = ] 'procedure'   
    , [ @OptionName = ] 'option'   
    , [ @OptionValue = ] 'value'   

引数

[ @ProcName = ] 'procedure' オプションを設定するプロシージャの名前を指定します。 procedurenvarchar(776)で、既定値はありません。

[ @OptionName = ] 'option' 設定するオプションの名前です。 オプションの唯一の値はスタートアップです

[ @OptionValue = ] 'value' オプションをオン (true または オン) またはオフ (false またはオフ) に設定するかどうかを指定 しますvarchar(12)で、既定値はありません。

リターン コードの値

0 (成功) またはエラー番号 (失敗)

注釈

スタートアップ プロシージャは マスター データベースに存在する必要があり、INPUT パラメーターまたは OUTPUT パラメーターを含めることはできません。 ストアド プロシージャの実行は、起動時にすべてのデータベースが復旧され、「復旧が完了しました」というメッセージが記録されると開始します。

アクセス許可

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。

次の例は、プロシージャの自動実行を設定します。

EXEC sp_procoption @ProcName = N'<procedure name>'   
    , @OptionName = 'startup'   
    , @OptionValue = 'on';   

次の例は、プロシージャの自動実行を停止します。

EXEC sp_procoption @ProcName = N'<procedure name>'      
    , @OptionName = 'startup'
    , @OptionValue = 'off';   

参照

ストアド プロシージャの実行