cdc.lsn_time_mapping (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server

変更テーブルに行があるトランザクションごとに 1 行を返します。 このテーブルは、ログ シーケンス番号 (LSN) コミット値とトランザクションがコミットされた時刻の間でマップするために使用されます。 変更テーブルのエントリがないエントリもログに記録される場合があります。 これにより、変更アクティビティが少ないか、まったくない場合に、LSN 処理の完了をテーブルに記録できます。

システム テーブルに直接クエリを実行しないことをお勧めします。 代わりに、 sys.fn_cdc_map_lsn_to_time (Transact-SQL)sys.fn_cdc_map_time_to_lsn (Transact-SQL) システム関数を実行します。

列名 データ型 説明
start_lsn binary(10) コミットされたトランザクションの LSN。
tran_begin_time datetime LSN に関連付けられているトランザクションが開始された時刻。
tran_end_time datetime トランザクションが終了した時刻。
tran_id varbinary(10) トランザクションの ID。

参照

トランザクション ログ (SQL Server)
Cdc。<>capture_instance_CT (Transact-SQL)