ローカル管理用のネイティブ モードのレポート サーバー (SSRS) の構成

レポート サーバー インスタンスをローカルに管理しようとする場合、 Reporting Services レポート サーバーを次のオペレーティング システムのいずれかに配置するには、追加の構成手順が必要です。 このトピックでは、レポート サーバーをローカル管理用に構成する方法を説明します。 レポート サーバーのインストールまたは構成をまだ行っていない場合は、「SQL Server をインストール ウィザードからインストールする (セットアップ)」および「Reporting Services ネイティブ モードのレポート サーバーの管理」を参照してください。

適用対象: Reporting Services ネイティブ モード
  • Windows Server 2012 R2

  • Windows 8.1

  • Windows 8

  • Windows Server 2012

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows 7

  • Windows Server 2008

記載されているオペレーティング システムによって権限が制限されるため、ほとんどのアプリケーションは、ローカルの Administrators グループのメンバーが実行しても、標準ユーザー アカウントを使用しているかのように実行されます。

これにより、システム全体のセキュリティが向上しますが、Reporting Services がローカル管理者のために作成するあらかじめ定義された組み込みのロールの割り当てを使用できなくなります。

構成変更の概要

以下に示す構成変更でサーバーを構成することにより、標準ユーザーの権限を使用してレポート サーバーのコンテンツや操作を管理できます。

  • Reporting Services の URL を信頼済みサイトに追加します。 既定では、記載されているオペレーティング システムで動作している Internet Explorer は 保護モードで実行されます。保護モードとは、同じコンピューターで実行されている高レベルのプロセスにブラウザーの要求が到達するのを防ぐ機能です。 レポート サーバー アプリケーションを信頼済みサイトに追加することで、それらのアプリケーションに対して保護モードを無効にすることができます。

  • Internet Explorer で [管理者として実行] 機能を使用しなくてもコンテンツや操作を管理できる権限をレポート サーバー管理者に与えるロールの割り当てを作成します。 Windows ユーザー アカウントに対してロールの割り当てを作成することにより、Reporting Services が作成するあらかじめ定義された組み込みのロールの割り当てを置き換える明示的なロールの割り当てを使用して、コンテンツ マネージャーおよびシステム管理者の権限でレポート サーバーにアクセスできるようになります。

ローカル レポート サーバーと Web ポータルの管理を構成するには

ローカル レポート サーバーを参照しているときに、次のようなエラーが表示された場合は、このセクションの構成手順を完了してください。

  • ユーザー 'Domain\[user name]' に必要なアクセス許可がありません。 適切なアクセス許可が付与されていることと、Windows ユーザー アカウント制御 (UAC) の制限に対処済みであることを確認してください。

ブラウザー内の信頼済みサイトの設定

  1. [管理者として実行] の権限を使用してブラウザー ウィンドウを開きます。 [スタート] メニューから [Internet Explorer] を右クリックして、 [管理者として実行] を選択します。

  2. 続行するよう求められた場合は、 [はい] を選択します。

  3. URL アドレスに Web ポータルの URL を入力します。 手順については、「レポート サーバーの Web ポータル (SSRS ネイティブ モード)」をご覧ください。

  4. [ツール] をクリックします。

  5. [インターネット オプション] をクリックします。

  6. [セキュリティ] をクリックします。

  7. [信頼済みサイト] をクリックします。

  8. [サイト] をクリックします。

  9. https://<your-server-name>を追加します。

  10. 既定のサイトに HTTPS を使用していない場合は、 [ゾーンのすべてのサイトにサーバー証明書 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。

  11. [追加] をクリックします。

  12. [OK] を選択します。

Web ポータルのフォルダー設定

  1. Web ポータルのホーム ページで、 [フォルダーの管理] をクリックします。

  2. [管理] フォルダー ページで、 [セキュリティ] をクリックした後、 [グループまたはユーザーの追加] を選択します。

  3. [新しいロールの割り当て] ページで、 [グループまたはユーザー] フィールドに、<domain>\<user> という形式でご自分の Windows ユーザー アカウントを入力します。

  4. [コンテンツ マネージャー] を選択します。

  5. [OK] を選択します。

Web ポータル サイトの設定

  1. 管理特権を使用してブラウザーを開き、Web ポータル (https://<server name>/reports) を参照します。

  2. ホーム ページの一番上の行にある歯車アイコンを選択した後、ドロップダウン メニューから [サイト設定] を選択します。

    歯車アイコン.

    ヒント

    [サイトの設定] オプションが表示されない場合は、ブラウザーを閉じてから管理特権を使用してもう一度開き、Web ポータルを参照してください。

  3. [サイトの設定] ページで、[セキュリティ] を選んでから [グループまたはユーザーの追加] を選びます。

  4. [グループ名またはユーザー名] フィールドに、 <domain>\<user>という形式で自分 (レポート サーバー管理者) の Windows ユーザー アカウントを入力します。

  5. [システム管理者] を選択します。

  6. [OK] を選択します。

  7. Web ポータルを閉じます。

  8. [管理者として実行] を使用せずに、Internet Explorer でもう一度 Web ポータルを開きます。

ローカル レポート サーバー管理を行う目的で SQL Server Management Studio (SSMS) を構成するには

既定では、管理者権限を使用して SQL Server Management Studio を開始した場合以外は、 Management Studio で使用できるレポート サーバー プロパティのいずれにもアクセスできません。

Reporting Services ロール プロパティとロールの割り当てを構成して、高度なアクセス許可で Management Studio を毎回起動する必要をなくすには、以下の手順を実行します。

  • [スタート] メニューの [Microsoft SQL Server Management Studio] を右クリックして、 [管理者として実行] をクリックします。

  • ローカル Reporting Services サーバーへの接続

  • [セキュリティ] ノードで、 [システム ロール] をクリックします。

  • [システム管理者] を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  • [システム ロールのプロパティ] ページで、 [レポート サーバーのプロパティを表示] を選択します。 システム管理者ロールを持つメンバーに割り当てる他のすべてのプロパティを選択します。

  • [OK] をクリックします。

  • [閉じる] Management Studio

  • システム ロール "システム管理者" にユーザーを追加するには、この記事で既に説明した「Web ポータル サイトの設定」セクションをご覧ください。

これで、 Management Studio を開くときに [管理者として実行] を明示的に選択しなくても、レポート サーバーのプロパティにアクセスできるようになりました。

ローカル レポート サーバーにパブリッシュするように SQL Server Data Tools (SSDT) を構成するには

SQL Server Data Tools を、このトピックの最初のセクションに記載したオペレーティング システムのいずれかにインストールした状況で、SSDT を使用してローカルのネイティブ モード レポート サーバーを操作する場合は、 SQL Server Data Tools (SSDT) を高度な権限で開くか、レポート サービス ロールを構成しない限り、権限エラーが発生します。 たとえば、十分な権限がない場合には次のような問題が発生します。

  • ローカル レポート サーバーにレポート アイテムを配置しようとすると、 [エラー一覧] ウィンドウに次のようなエラー メッセージが表示されます。

    • ユーザー "Domain<ユーザー名>" には、この操作を行うのに必要な権限が与えられていません。

SSDT を開くときに高度な権限を毎回使用するには:

  1. [スタート] メニューから [Microsoft SQL Server] を選択した後、 [SQL Server Data Tools] を右クリックします。 [管理者として実行] をクリックします

  2. 続行するよう求められた場合は、 [はい] を選択します。

これで、レポートやその他のアイテムをローカル レポート サーバーに配置できるようになります。

Reporting Services ロール プロパティとロールの割り当てを構成して、高度な権限で SSDT を毎回起動する必要をなくすには、以下の手順を実行します。

関連情報

Reporting Services の管理に関連する追加の一般的な手順は、Windows ファイアウォールでポート 80 を開いてレポート サーバー コンピューターへのアクセスを許可することです。 手順については、「 Configure a Firewall for Report Server Access」を参照してください。

関連項目

Reporting Services ネイティブ モードのレポート サーバーの管理