Point (geography データ型)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

Point インスタンスを緯度、経度、SRID (spatial reference identifier) で表す geography インスタンスを構築します。

構文

  
Point ( Lat, Long, SRID )  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

Lat
生成される Point の y 座標を表す float 式です。

Long
生成される Point の x 座標を表す float 式です。 有効な経度と緯度の値の詳細については、「Point」をご覧ください。

SRID
返される geography インスタンスの Spatial Reference Identifier を表す int 式です。

注意

Point (geography データ型) メソッドの引数は、WKT と比較して元に戻された座標を持ちます。

戻り値の型

SQL Server 戻り値の型: geography

CLR の戻り値の型:SqlGeography

Point() を使用して geography インスタンスを作成する例を次に示します。

DECLARE @g geography;   
SET @g = geography::Point(47.65100, -122.34900, 4326)  
SELECT @g.ToString();  

参照

拡張された静的な地理メソッド