DROP WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)

製品を選択する

次の行で、興味のある製品の名前を選択すると、その製品の情報のみが表示されます。

* SQL Server *  

 

SQL Server と SQL Managed Instance

既存のユーザー定義の Resource Governor ワークロード グループを削除します。

Transact-SQL 構文表記規則.

構文

DROP WORKLOAD GROUP group_name
[;]

引数

group_name: 既存のユーザー定義のワークロード グループの名前を指定します。

解説

Resource Governor の内部グループや既定のグループに対して、DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを使用することはできません。

DDL ステートメントを実行する場合、Resource Governor の状態について詳しく理解しておくことをお勧めします。 詳細については、「リソース ガバナー」を参照してください。

アクティブなセッションが含まれているワークロード グループを削除したり別のリソース プールに移動したりした場合、その変更を適用するために ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを呼び出すと失敗します。 この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • そのグループからすべてのセッションが切断されるまで待ってから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。

  • そのグループ内のセッションを KILL コマンドで明示的に停止してから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。

  • サーバーを再起動します。 再起動プロセスの完了後、削除したグループは作成されず、移動したグループは新しいリソース プール割り当てを使用します。

  • DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを実行してから、変更適用のためにセッションを明示的に停止するのは不適切であると判断した場合、DROP ステートメントの実行前と同じ名前でグループを再作成し、このグループを元のリソース プールに移動することができます。 変更を適用するには、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを実行します。

アクセス許可

CONTROL SERVER 権限が必要です。

次の例では、adhoc という名前のワークロード グループを削除します。

DROP WORKLOAD GROUP adhoc;
GO
ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE;
GO

参照

* SQL Managed Instance *  

 

SQL Server と SQL Managed Instance

既存のユーザー定義の Resource Governor ワークロード グループを削除します。

Transact-SQL 構文表記規則.

構文

DROP WORKLOAD GROUP group_name
[;]

引数

group_name: 既存のユーザー定義のワークロード グループの名前を指定します。

解説

Resource Governor の内部グループや既定のグループに対して、DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを使用することはできません。

DDL ステートメントを実行する場合、Resource Governor の状態について詳しく理解しておくことをお勧めします。 詳細については、「リソース ガバナー」を参照してください。

アクティブなセッションが含まれているワークロード グループを削除したり別のリソース プールに移動したりした場合、その変更を適用するために ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを呼び出すと失敗します。 この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • そのグループからすべてのセッションが切断されるまで待ってから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。

  • そのグループ内のセッションを KILL コマンドで明示的に停止してから、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを再実行します。

  • サーバーを再起動します。 再起動プロセスの完了後、削除したグループは作成されず、移動したグループは新しいリソース プール割り当てを使用します。

  • DROP WORKLOAD GROUP ステートメントを実行してから、変更適用のためにセッションを明示的に停止するのは不適切であると判断した場合、DROP ステートメントの実行前と同じ名前でグループを再作成し、このグループを元のリソース プールに移動することができます。 変更を適用するには、ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを実行します。

アクセス許可

CONTROL SERVER 権限が必要です。

次の例では、adhoc という名前のワークロード グループを削除します。

DROP WORKLOAD GROUP adhoc;
GO
ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE;
GO

参照

* Azure Synapse
Analytics *
 

 

Azure Synapse Analytics

ワークロード グループを削除します。 ステートメントが完了すると、設定が有効になります。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

DROP WORKLOAD GROUP group_name  

引数

group_name
既存のユーザー定義のワークロード グループの名前を指定します。

解説

ワークロード グループに分類子が存在する場合、ワークロード グループを削除することはできません。 ワークロード グループが削除される前に、分類子を削除します。 ワークロード グループのリソースを使用しているアクティブな要求が削除されると、それらの背後で DROP WORKLOAD ステートメントがブロックされます。

ワークロード グループを削除するには、その前に次のコード例を使用して、削除する必要がある分類子を決定する必要があります。

SELECT c.name as classifier_name
      ,'DROP WORKLOAD CLASSIFIER '+c.name as drop_command
  FROM sys.workload_management_workload_classifiers c
  JOIN sys.workload_management_workload_groups g
    ON c.group_name = g.name
  WHERE g.name = 'wgXYZ' --change the filter to the workload being dropped

アクセス許可

CONTROL DATABASE アクセス許可が必須です

関連項目