SET STATISTICS PROFILE (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

ステートメントのプロファイル情報を表示します。 STATISTICS PROFILE は、アドホック クエリ、ビュー、ストアド プロシージャに対して機能します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
SET STATISTICS PROFILE { ON | OFF }  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

解説

STATISTICS PROFILE が ON の場合、クエリを実行すると、それぞれ通常の結果セットに加えて、クエリ実行のプロファイルを示す追加の結果セットが返されます。

追加の結果セットには、クエリに関する SHOWPLAN_ALL 列と次の追加列が含まれます。

列名 説明
行数 それぞれの演算子によって作成された実際の行数
Executes 演算子が実行された回数

アクセス許可

SET STATISTICS PROFILE を使用して出力を表示するには、次の権限が必要です。

  • Transact-SQL ステートメントを実行するための適切な権限。

  • SHOWPLAN 権限。これは、Transact-SQL ステートメントで参照されるオブジェクトを含むすべてのデータベースに対して必要です。

STATISTICS PROFILE の結果セットを生成しない Transact-SQL ステートメントの場合は、Transact-SQL ステートメントを実行するための適切な権限のみで十分です。 Transact-SQL ステートメントで STATISTICS PROFILE の結果セットを生成する場合は、Transact-SQL ステートメントを実行する権限と、SHOWPLAN の権限の両方があることを確認してください。これらの 2 つの権限がないと、Transact-SQL ステートメントの実行は中断され、プラン表示に関する情報は生成されません。

参照

SET ステートメント (Transact-SQL)
SET SHOWPLAN_ALL (Transact-SQL)
SET STATISTICS TIME (Transact-SQL)
SET STATISTICS IO (Transact-SQL)