Teams 内での Power Virtual Agents

完了

Power Virtual Agents は、スタンドアロンの Web アプリとしても、Microsoft Teams 内の個別のアプリとしても利用できます。 両アプリの機能はほとんど同じです。 ただし、要件に応じてどちらかのバージョンを選択する理由はさまざまでしょう。

Power Virtual Agents Web アプリ

以下の場合は、スタンドアロン Power Virtual Agentsの Web アプリの使用をご検討ください。

  • IT 管理者またはコンサルタントであり、顧客やり取りするボットを作成したい。
  • 外部顧客用のボットを作成したい。
  • 過去にチャットボット サービスを使用したことがあり、試用や Power Virtual Agents のテストを行いたい。
  • エンティティや変数など、チャットボットの高度な概念に精通しており、複雑なチャットボットを作成したい。

スタンドアロン Web アプリ にアクセスできます。

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents アプリ

以下の場合は、Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents 個別アプリの使用をご検討ください。

  • 従業員または組織やチームのメンバーであり、他の従業員やチームメートが投稿したよくある質問に回答するチャットボットを作成したい。
  • エンティティや変数など、高度な概念を活用したいと思っているが、チャットボットは内部でのみ使用できるようにしたい。
  • 可能な限り短時間でチャットボットを作成して配布したい。

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents のスクリーンショット。

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents アプリでは、シングル サインオン (SSO) がサポートされます。つまり、ユーザーが資格情報を入力しなくても、チャットボットに自動的にサインインできます。

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents は、Microsoft 365 サブスクリプションに含まれているライセンスだけで使用できます。

重要

ただし、アクセスは、チャットボットが展開されている Microsoft チームのメンバーシップに限定されます。 チャットボットを他のチャネルに展開することはできません。

制限

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents の制限は以下の通りです。

  • Power Virtual Agents からトリガーされたフローに使用可能な標準 Power Automate コネクタに限定されます。
  • Azure Bot Framework スキルに統合できますが、Power Virtual Agents スタンドアロン ライセンスが必要です。
  • Microsoft Bot Framework ダイアログを統合できず、Azure Bot Framework Composer と同時に使用することはできません。
  • ソリューションに含むことはできません。

サービス制限

Microsoft Teams 内の Power Virtual Agents は、24 時間あたりユーザーごとに 10 セッションの制限があります。