アプリの管理とメンテナンス

完了

おめでとうございます。アプリの作成者の仲間入りを果たすことができました。

このユニットでは、新しいアプリを管理および維持する方法についておおまかに説明します。 また、アプリの共有、バージョン、データ ソース、接続について説明し、アプリの展開の成功に役立つヒントを提供します。

最初のタスクはアプリの共有です。

自分の経費アプリを共有する

アプリの作成者は、アプリにアクセスできる唯一のユーザーです。これは、組織内の他のユーザーとアプリを共有するまで続きます。 ユーザーがアプリへのリンクを保持していた場合でも、これらのユーザーとアプリが共有されなければ、"アクセス拒否" のメッセージが表示されるだけです。 ユーザーとアプリを共有するには、Power Apps ホーム ページに移動して、次のデモを確認してください。

自分の経費アプリの機能のデモ。

新しいアプリ作成者として、あるいは経験豊富なアプリ作成者でさえも、すべてのユーザーにアプリをリリースする前に、アプリが何らかの UAT 計画を経由するようにします。 このアプローチは、アプリの潜在的な問題やバグを特定し、修正するのに役立ちます。 アプリに対するユーザーの最初の印象は、ユーザーの高い導入率とアプリの総合的な成功を達成する上で重要です。

アプリの更新とバージョン

時間の経過と共に、新しい機能の追加、既存のアプリ機能の再作業、Microsoft 更新プログラムに基づいた新機能の実装などの更新がアプリに必要になります。 Office 365 と Power Apps は常に変化しています。 変化に対応することは、これらの更新を古いアプリに適用するかどうかを決定する上で重要です。 定期的なサービスや保守が必要な自動車やトラックと同様に、予期されるとおりの動作を維持するにはアプリにも保守が必要です。 したがって、新しい機能やコントロールが利用可能になったときには、この機能の提供前に構築した古いアプリを確認して、その機能を実装する価値があるかどうかを判断する必要があります。

データ ソースと接続

Power Apps のほとんどのキャンバス アプリでは、データ ソースに格納されている外部の情報が使用されます。 一般的な例としては、OneDrive for Business または SharePoint に格納されている Excel ファイル内のテーブルがあります。 アプリでは接続を使用してこれらのデータ ソースにアクセスします。 一部の接続では、格納されているデータを Power Apps で読み書きできます。 Power Apps では、組み込みコネクタまたはカスタム コネクタを介してアプリにさまざまなデータ ソースを追加できます。 次の図は、最も一般的なデータ ソースの一部を示しています。

Power Apps で使用可能なデータ ソースの一覧のスクリーンショット。

多くのデータ ソースは、Salesforce などのクラウド サービスです。 たとえば、会社のハッシュタグを追跡している場合、Twitter さえもデータ ソースとなります。 コネクタは、アプリ開発で最も重要な部分であるとは思えないかもしれませんが、自分自身や同僚、顧客の大切なデータを操作する上で不可欠です。 アプリにデータ ソースが初めて表示されたとき、それが本当は重要なものであることに突然気付くかもしれません。

データをクラウドではなくオンプレミスで保存している場合は、ゲートウェイを使用して Power Apps とデータ ソースの間に信頼性の高い接続を提供できます。 ゲートウェイは、オンプレミスのコンピューターに置かれ、Power Apps と通信します。

Power Apps でビジネス アプリを構築する利点は、1 つのアプリで多くのデータ ソースに接続できることです。 Power Apps のコネクタにより、データが存在している場所に接続できます。 詳細については、Power Apps のキャンバス アプリでデータを操作するを参照してください。