メトリックとログを定義する

完了

Azure Monitor が収集したすべてのデータは、2 つの基本的な型であるメトリックとログのどちらかに該当します。

  • メトリックは、特定の時点におけるシステムの何らかの側面を表す数値です。 メトリックは軽量であり、リアルタイムに近いシナリオをサポートできます。
  • ログには、さまざまな種類のデータが含まれており、種類ごとに異なるプロパティ セットを持つレコードに編成されています。 イベントやトレースなどのデータは、組み合わせて分析できるように、パフォーマンス データとともにログとして格納されます。

メトリック

多くの Azure リソースについて、Azure Monitor によって収集されたデータが Azure portal の [概要] ページに表示されます。 たとえば、仮想マシンにはパフォーマンス メトリックを表示するグラフがいくつかあります。 いずれかのグラフをクリックすると、データが Azure portal のメトリック エクスプローラーで開かれ、時系列で複数のメトリックの値を表示するグラフを確認できます。 グラフは、対話形式で表示したり、ダッシュボードにピン留めして他の視覚化と一緒に表示したりできます。

メトリック分析ページのスクリーンショット。

ログ

Azure Monitor が収集したログ データは、Log Analytics に格納されます。これには、収集されたデータを高速に検索し、統合して、分析する多機能なクエリ言語が備わっています。 Azure portal から Log Analytics ページを使用してクエリを作成し、テストすることができます。 クエリ結果を使用して、データを直接分析できます。 クエリの保存、データの視覚化、アラート ルールの作成を行います。

Azure Monitor では、データ エクスプローラー クエリ言語の 1 つのバージョンを使用します。この言語は、単純なログ検索に適している一方で、集計、結合、スマート分析など高度な機能も備えています。 さまざまなレッスンを利用すれば、クエリ言語はすぐに覚えることができます。 既に SQL や Splunk に習熟しているユーザーには、別途ガイダンスが用意されています。

ログ分析ページに情報を提供するログ データベースが示されています。