GitHub Actions を使用して再利用可能な Bicep コードを発行する

上級
DevOps エンジニア
開発者
管理者
Azure Resource Manager
GitHub

デプロイ ワークフローを使用して、Azure テンプレート スペックと Bicep モジュールを発行します。 再利用可能な Bicep コードにバージョン管理を自動的に検証して追加します。

学習の目的

このモジュールを終了すると、次のことができるようになります。

  • GitHub Actions ワークフローからプライベート レジストリに Bicep モジュールを発行する
  • GitHub Actions ワークフローからテンプレート スペックに Bicep ファイルを発行する
  • モジュールとテンプレート スペックにバージョン番号を自動的に追加する

前提条件

次の使用方法について理解している必要があります。

  • Bicep モジュールとモジュール レジストリ。
  • Azure テンプレート スペック。
  • Bicep リンター、および Bicep コードのテスト。
  • Azure (Azure portal、サブスクリプション、リソース グループ、リソースなど)。
  • 基本的な Git コマンド (クローン、ファイルのコミット、GitHub への変更のプッシュなど)。
  • GitHub Actions (ジョブ、ステップ、シークレットを含む)。

このモジュールの演習を進めるには、次が必要です。

  • リソース グループと Azure Active Directory アプリケーションを作成できる Azure アカウント。
  • GitHub アカウント。

また、次の項目がローカルにインストールされている必要もあります。