Power Platform 業務コンサルタントのスキルの検証

中級
ビジネス アナリスト
機能コンサルタント
Power Apps
Power Automate
Microsoft Power Platform

このラーニング パスでは、Microsoft Power Platform 業務コンサルタントのチャレンジ プロジェクトを完了し、スキルを検証する準備を行うことができます。 PL-200: Microsoft Power Platform 業務コンサルタントコースの一部として、次のモジュールを既に完了している必要があります。 まだ完了していない場合、チャレンジ プロジェクトを始める前にこれらのモジュールを完了することをお勧めします。

前提条件

このラーニング パス内のモジュール

メモ

App in a Day 講師による指導付きトレーニング

App in a Day の講師による指導付きワークショップで、学習を継続します。 このコースでは、カスタム アプリを作成する実践的なエクスペリエンスを提供します。 トレーニング イベントを参照する

重要

Power Virtual Agents の機能は、Microsoft Copilot 全体における生成 AI と強化された統合へ多額の投資後、Microsoft Copilot Studio の一部となりました

ドキュメントやトレーニング コンテンツが更新される際、一部の記事やスクリーンショットで Power Virtual Agents に言及することがあります。

Dataverse では、ビジネス アプリケーションで使用するデータを安全に保存し、管理することができます。 Dataverse 内の標準テーブルとカスタム テーブルには、セキュアなクラウド ベースのデータ用ストレージ オプションが用意されています。

メモ

App in a Day 講師による指導付きトレーニング

App in a Day の講師による指導付きワークショップで、学習を継続します。 このコースでは、カスタム アプリを作成する実践的なエクスペリエンスを提供します。 トレーニング イベントを参照する

重要

Power Virtual Agents の機能は、Microsoft Copilot 全体における生成 AI と強化された統合へ多額の投資後、Microsoft Copilot Studio の一部となりました

ドキュメントやトレーニング コンテンツが更新される際、一部の記事やスクリーンショットで Power Virtual Agents に言及することがあります。

モデル駆動型アプリの設計は、アプリにすばやくコンポーネントを追加することに重点を置いた方法です。 これらのコンポーネントには、ダッシュボード、フォーム、ビュー、グラフが含まれます。 コードをほとんど使用しないか、全く使用しなくても、単純なアプリや非常に複雑なアプリを作成できます。

メモ

App in a Day 講師による指導付きトレーニング

App in a Day の講師による指導付きワークショップで、学習を継続します。 このコースでは、カスタム アプリを作成する実践的なエクスペリエンスを提供します。 トレーニング イベントを参照する

重要

Power Virtual Agents の機能は、Microsoft Copilot 全体における生成 AI と強化された統合へ多額の投資後、Microsoft Copilot Studio の一部となりました

ドキュメントやトレーニング コンテンツが更新される際、一部の記事やスクリーンショットで Power Virtual Agents に言及することがあります。

このモジュールでは、Power Apps について説明します。 まずは Power Apps を使う「理由」 (Power Apps のケース) と、ユーザーが Power Apps で「できること」を簡単に説明する紹介ビデオをご覧いただきます。 次に、ユーザーに Power Apps の「使い方」を案内し、ユーザーが Power Apps を使用して、自信を持ってデータと対話できるようにします。

Power Automate は、最も一般的なアプリとサービスをまたいでアクションを自動化するオンライン ワークフロー サービスです。

架空の会社のシナリオに対応するための Microsoft Power Platform のモデル駆動型アプリ、キャンバス アプリ、および Power Automate クラウド フローを構成します。 このプロジェクト完了するためのおおまかな仕様が提供されます。

メモ

これは、概略的なガイダンスを使用してエンドツーエンド プロジェクトを完了する、チャレンジ プロジェクト モジュールです。手順に沿った指示はありません。