Microsoft Dataverse データの可視化、インポート、およびエクスポート

中級
機能コンサルタント
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Microsoft Dataverse
Synapse Analytics
Power Apps

このラーニング パスでは、Dataverse のさまざまなビューの使用方法、Dataverse テーブルへの Power Query データの読み込み方法、およびサード パーティ ツールでの Dataverse の使用方法について説明します。

前提条件

  • Power Apps ライセンス
  • Dataverse へのアクセス

このラーニング パス内のモジュール

多くの Dataverse テーブルで使用される膨大な数のレコードや列を把握するのは容易ではありません。 Power Apps ユーザーが効率的に作業できるように、Dataverse ビューを作成することができます。 Power Apps Studio では、Dataverse ビューの並べ替え、フィルター処理、プロパティの表示を行うことができます。 このモジュールでは、必要な列、レコード、適用する並べ替えのみを使って、データを視覚化する Dataverse ビューの利点について説明します。

さまざまなソースのデータを Microsoft Dataverse テーブルに同期するのは非常に難しそうです。 Power Apps ユーザーがこのようなプロセスを進めやすくするために、Dataverse データフローを作成できます。 データフローは、Power Apps Studio でアクセスできる Power Query インターフェイスを使用して、ガイド付きアプローチを提供します。 また、このモジュールでは、Power Query を使用してデータを Dataverse テーブルに読み込む方法についても確認します。

Microsoft Dataverse データを Microsoft Word および Excel テンプレートを共に使用することで、データ分析および標準化されたドキュメントを作成する方法について説明します。

Microsoft Excel ファイルを使用して、Microsoft Dataverse テーブル データをエクスポートおよび編集する方法について確認します。

Azure と外部ツールにより提供される、Microsoft Dataverse レコードの操作に便利なソリューションについて詳しく説明します。