Windows VM でリモート デスクトップ サービスまたはその管理者パスワードをリセットする

注:

この記事の手順は、Windows ドメイン コントローラーには適用されません。

Windows 仮想マシン (VM) に接続できない場合は、ローカル管理者パスワードをリセットするか、リモート デスクトップ サービス構成をリセットできます。 パスワードをリセットするには、Azure portal を使用するか、Azure PowerShell で VM アクセス拡張機能を使用します。 VM にサインインした後、そのローカル管理者のパスワードをリセットします。
PowerShell を使用する場合は、最新の PowerShell モジュールのインストールと構成が完了しており、Azure サブスクリプションにサインインしていることを確認します。 また、クラシック デプロイ モデルを使用して作成された VM でこれらの手順を実行することもできます。

リモート デスクトップ サービスと資格情報は、以下の方法でリセットできます。

Azure portal を使用してリセットする

最初に Azure portal にサインインしてから、左側のメニューで [仮想マシン] を選択します。

ローカル管理者アカウント パスワードのリセット

  1. Windows VM を選択し、[ヘルプ] で [パスワードのリセット] を選択します。 [パスワードのリセット] ウィンドウが表示されます。

  2. [パスワードのリセット] を選択し、ユーザー名とパスワードを入力して、 [更新] を選択します。

  3. VM への接続を再度試してみます。

リモート デスクトップ サービスの構成のリセット

このプロセスでは、VM 上でリモート デスクトップ サービスを有効にし、既定の RDP ポート 3389 のファイアウォール規則を作成します。

  1. Windows VM を選択し、[ヘルプ] で [パスワードのリセット] を選択します。 [パスワードのリセット] ウィンドウが表示されます。

  2. [構成のみのリセット] を選択して [更新] を選択します。

  3. VM への接続を再度試してみます。

VMAccess 拡張機能と PowerShell を使用してリセットする

まず、最新の PowerShell モジュールのインストールと構成が完了しており、Connect-AzAccount コマンドレットを使用して Azure サブスクリプションにサインインしていることを確認します。

ローカル管理者アカウント パスワードのリセット

  • Set-AzVMAccessExtension PowerShell コマンドレットを使用して、管理者パスワードまたはユーザー名をリセットします。 バージョン 1 は非推奨のため、typeHandlerVersion 設定は 2.0 以上である必要があります。

    $SubID = "<SUBSCRIPTION ID>" 
    $RgName = "<RESOURCE GROUP NAME>" 
    $VmName = "<VM NAME>" 
    $Location = "<LOCATION>" 
    
    Connect-AzAccount 
    Select-AzSubscription -SubscriptionId $SubID 
    Set-AzVMAccessExtension -ResourceGroupName $RgName -Location $Location -VMName $VmName -Credential (get-credential) -typeHandlerVersion "2.0" -Name VMAccessAgent 
    

    注:

    VM で現在のローカル管理者アカウントと異なる名前を入力すると、VMAccess 拡張機能によってローカル管理者アカウントの名前が追加されて、指定したパスワードがそのアカウントに割り当てられます。 VM のローカル管理者アカウントが存在する場合は、VMAccess 拡張機能によってパスワードがリセットされます。 アカウントが無効になっている場合は、VMAccess 拡張機能によって有効にされます。

リモート デスクトップ サービスの構成のリセット

  1. Set-AzVMAccessExtension PowerShell コマンドレットを使用して、VM へのリモート アクセスをリセットします。 次の例では、myResourceGroup リソース グループの myVM という名前の VM で、myVMAccess という名前のアクセス拡張機能をリセットします。

    Set-AzVMAccessExtension -ResourceGroupName "myResoureGroup" -VMName "myVM" -Name "myVMAccess" -Location WestUS -typeHandlerVersion "2.0" -ForceRerun $true
    

    ヒント

    同時に VM に存在する VM アクセス エージェント数は 1 つのみです。 VM アクセス エージェントのプロパティを設定するには、-ForceRerun オプションを使用します。 -ForceRerun を使用する際は、以前のコマンドで使用したのと同じ名前を VM アクセス エージェントに使用してください。

  2. それでも仮想マシンにリモート接続できない場合は、Windows ベースの Azure 仮想マシンへのリモート デスクトップ接続に関するトラブルシューティングに関するページを参照してください。 Windows ドメイン コントローラーへの接続を失った場合は、ドメイン コントローラーのバックアップから復元する必要があります。

次の手順

お問い合わせはこちらから

質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート要求を作成するか、Azure コミュニティ サポートにお問い合わせください。 Azure コミュニティ サポートに製品フィードバックを送信することもできます。