Azure シリアル コンソール

Azure portalのシリアル コンソールを使用すると、Linux または Windows を実行している仮想マシン (VM) インスタンスと仮想マシン スケール セット インスタンスのテキスト ベースのコンソールにアクセスできます。 シリアル コンソールは、VM または仮想マシン スケール セット インスタンスの ttyS0 または COM1 シリアル ポートに接続し、ネットワークまたはオペレーティング システムの状態に依存しないアクセスを提供します。 シリアル コンソールには、Azure portalまたは Azure CLI を使用してアクセスでき、VM または仮想マシン スケール セットに対する共同作成者以上のアクセス ロールを持つユーザーにのみ許可されます。

シリアル コンソールは、VM と仮想マシン スケール セット インスタンスに対して同じ方法で動作します。 このドキュメントでは、特に記載のない限り、VM という記述にはすべて仮想マシン スケール セット インスタンスが暗黙的に含まれます。

シリアル コンソールは、グローバル Azure リージョンで一般公開されており、Azure Government ではパブリック プレビュー段階にあります。 Azure China Cloud ではまだ利用できません。

Azure シリアル コンソールにアクセスするための前提条件

VM または仮想マシン スケール セット インスタンスのシリアル コンソールにアクセスするには、次のものが必要です。

  • VM に対してブート診断を有効にする必要がある
  • パスワード認証を使用するユーザー アカウントは、VM 内に存在する必要があります。 VM アクセス拡張機能のパスワードリセット機能を使用して 、パスワード ベースのユーザーを作成できます。 [ヘルプ] セクションから [パスワードのリセット] を選択します。
  • シリアル コンソールにアクセスする Azure アカウントには、VM とブート診断ストレージ アカウントの両方に対する仮想マシン共同作成者ロールが必要です
  • クラシック デプロイはサポートされていません。 VM または仮想マシン スケール セット インスタンスでは、Azure Resource Manager デプロイ モデルを使用する必要があります。
  • シリアル コンソールは、ストレージ アカウントの [ストレージ アカウント キーへのアクセスを許可する] が無効になっている場合はサポートされません。

重要

シリアル コンソールは、 マネージド ブート診断ストレージ アカウント とカスタム ストレージ アカウント ファイアウォールと互換性を持つようになりました。

シリアル コンソールの概要

VM と仮想マシン スケール セットのシリアル コンソールには、Azure portalまたは Azure CLI を使用してアクセスできます。

Azure portal経由でVirtual Machines用シリアル コンソールにアクセスする

VM のシリアル コンソールは、Azure portalの [ヘルプ] セクションでシリアル コンソールをクリックするのと同じくらい簡単です。

  1. Azure portalを開きます。

  2. [すべてのリソース] に移動し、仮想マシンを選択します。 VM の概要ページが開きます。

  3. [ヘルプ] セクションまで下にスクロールし、[シリアル コンソール] を選択します。 シリアル コンソールが表示された新しいウィンドウが開き、接続が開始されます。

    アニメーション GIF は、VM のシリアル コンソールへの接続を開始するプロセスを示します。

Azure portal経由でVirtual Machine Scale Sets用シリアル コンソールにアクセスする

シリアル コンソールは、スケール セット内の各インスタンスからアクセスできる仮想マシン スケール セットで使用できます。 [シリアル コンソール] ボタンを表示する前に、仮想マシン スケール セットの個々のインスタンスに移動する必要があります。 仮想マシン スケール セットでブート診断が有効になっていない場合は、仮想マシン スケール セット モデルを更新してブート診断を有効にしてから、シリアル コンソールにアクセスするためにすべてのインスタンスを新しいモデルにアップグレードしてください。

  1. Azure portalを開きます。

  2. [すべてのリソース] に移動し、仮想マシン スケール セットを選択します。 仮想マシン スケール セットの概要ページが開きます。

  3. [インスタンス] に移動します

  4. 仮想マシン スケール セット インスタンスを選択する

  5. [ヘルプ] セクションで、[シリアル コンソール] を選択します。 シリアル コンソールが表示された新しいウィンドウが開き、接続が開始されます。

    アニメーション GIF は、VM スケール セットのシリアル コンソールへの接続を開始するプロセスを示します。

Azure CLI を使用してシリアル コンソールにアクセスする

Linux または Windows を実行する仮想マシンまたは仮想マシン スケール セット インスタンスのシリアル コンソールに Azure CLI を使用して接続する方法については、「 az serial-console」を参照してください。

Azure CLI がインストールされていない場合は、「Azure CLI をインストールする方法」の手順に従って インストールします

注:

シリアル コンソール拡張機能は、コマンドを初めて実行するときに自動的に az serial-console インストールされます。 シリアル コンソール拡張機能を既にインストールしている場合は、コマンドを実行 az extension add --name serial-console --upgrade して最新バージョンであることを確認します。

シリアル コンソールの TLS 1.2

シリアル コンソールでは、TLS 1.2 エンド ツー エンドを使用して、サービス内のすべての通信をセキュリティで保護します。 シリアル コンソールには、ユーザーが管理するブート診断ストレージ アカウントへの依存関係があり、ストレージ アカウント用に TLS 1.2 を個別に構成する必要があります。 手順については、 こちらを参照してください

シリアル コンソールの高度な用途

VM へのコンソール アクセスとは別に、次の目的で Azure シリアル コンソールを使用することもできます。

次の手順

その他のシリアル コンソールドキュメントはサイドバーで入手できます。

お問い合わせはこちらから

質問がある場合やヘルプが必要な場合は、サポート要求を作成するか、Azure コミュニティ サポートにお問い合わせください。 Azure コミュニティ サポートに製品フィードバックを送信することもできます。