Share via


Microsoft Dynamics GP で固定資産の減価償却を元に戻す方法

この記事では、Microsoft Dynamics GP で減価償却を処理した後の問題の解決策について説明します。

適用対象: Microsoft Dynamics GP
元の KB 番号: 866024

現象

Microsoft Dynamics GP で減価償却を処理すると、問題が発生し、減価償却を元に戻す必要があることに気付きます。

Microsoft Dynamics GP の 1 つの資産の減価償却ルーチンを使用して、1 つの資産の減価償却を元に戻すことができます。 ただし、すべての資産または資産のグループの減価償却を元に戻すことはできません。 設計上の問題です。

解決方法

1 つの資産の減価償却を元に戻すには、次の手順に従います。

  1. 適切な方法を使用して [資産の減価償却] ウィンドウを開きます。

    • Microsoft Dynamics GP 10.0 または Microsoft Dynamics GP 2010 では、Microsoft Dynamics GP メニューの [ツール] をポイントし、[ルーチン] をポイントし、[固定資産] をポイントして、[1 つの資産の減価償却] を選択します。
    • Microsoft Dynamics GP 9.0 以前のバージョンのプログラムで、[ ツール] を選択し、[ ルーチン] をポイントし、[ 固定資産] をポイントして、[ 1 つの資産の減価償却] を選択します。
  2. [ 資産 ID ] フィールドで、減価償却計算を元に戻す資産 ID を選択します。

  3. [ 減価償却対象日 ] フィールドの値を、この資産が以前に使用した "償却日" に戻します。

  4. [ この資産の書籍の選択] で、減価償却費を計算する書籍を選択します。

  5. [ Depreciate] を選択します。

    次の警告メッセージが表示されます。

    入力した目標日は、この資産の償却日より前です。 続行すると、減価償却がバックアウトされます。続行しますか?

    [はい] を選択すると、入力された目標日に減価償却がバックアウトされます。 減価償却をバックアウトするエントリの反転は、資産の財務詳細ファイルに作成されます。 これらのトランザクションに対して総勘定元帳インタフェースを実行すると、反対仕訳エントリが総勘定元帳のバッチに入れられ、転記されます。

詳細

減価償却を元に戻す資産が多数あり、減価償却費 1 資産ルーチンを使用したくない場合は、すべての資産または資産グループの減価償却を元に戻すために課金可能なサービスを利用できます。 顧客かパートナーかに応じて、次のいずれかのオプションを使用します。

顧客: データ操作コンサルティング サービスの詳細については、レコードのパートナーにお問い合わせください。 レコードのパートナーがない場合は、次の Web サイトにアクセスしてパートナーを特定します: Microsoft Pinpoint

パートナー: データ操作コンサルティング サービスの詳細については、Microsoft Advisory Services (800-MPN-SOLVE) にお問い合わせください。