Share via


以前のバージョンの Windows のローミング ユーザー プロファイルは、Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のバージョンと互換性がありません

この記事では、Windows 10またはWindows Server 2016以前のバージョンの Windows 間でのローミング ユーザー プロファイルの非互換性について説明します。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2016
元の KB 番号: 3056198

現象

Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のバージョンのローミング ユーザー プロファイルは、以前のバージョンの Windows のローミング ユーザー プロファイルと互換性がありません。

たとえば、Windows 7 でローミング プロファイルを使用する環境にWindows 10を展開しようとすると、次の動作が発生します。

  • 既存の Windows 7 または Windows 8.1 プロファイルを持つユーザー アカウントを使用して、初めてWindows 10 コンピューターにログオンします。 この状況では、コンポーネントWindows 10プロファイルの状態を読み取って変更します。

  • 特定の Windows 7、Windows 8.1、またはWindows 10機能は、予期したプロファイルの状態が存在しないため、期待どおりに機能しない可能性があります。 たとえば、[スタート] メニューは起動しません。 Cortana、タスク バーが応答しない、タスク バーのアイコンがありません。

  • 同じユーザー アカウントを使用して Windows 7 コンピューターにログオンしようとするとします。 Windows 10で実行されたユーザー プロファイルの変更は、Windows 7 またはWindows 8.1で想定どおりに機能しない可能性があります。

既存の Windows 7、Windows 8、またはWindows 8.1 プロファイルを持つユーザー アカウントを使用して、初めてWindows 10 コンピューターにログオンします。 この状況では、 v5 または v6 バージョンのプロファイルが作成されます。

既定では、Windows 10 クライアントは v5 プロファイル フォルダー拡張機能を使用します。 以前のバージョンの Windows では、既定のバージョンは v2 でした。

注:

1 つのバージョンの Windows で作成されたローミング、必須、スーパー必須、ドメインの既定のユーザー プロファイルは、別のバージョンの Windows で作成されたものから分離しておく必要があります。 Windows の各バージョンには、独自のプロファイル バージョンがあります。

解決方法

プロファイルのバージョン管理を無効にしていないことを確認します。

既定では、プロファイルのバージョン管理は、Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のバージョンの Windows で有効になっています。 この動作は設計上のものであり、プロファイル バージョン間の互換性がないために実装されました。 ローミング プロファイルを使用するユーザー アカウントが Windows 10 以前のバージョンの Windows の両方にログオンする場合は、バージョンの種類ごとにプロファイルが必要です。

詳細

プロファイルのバージョンと移動ユーザー プロファイルを展開する方法の詳細については、「移動ユーザー プロファイル の展開」を参照してください。

必須プロファイルの詳細については、「必須 ユーザー プロファイルの作成」を参照してください。

状態

この動作は仕様です。