次の方法で共有


Hyper-V ロールがインストールされている Windows Server 2008 を実行しているコンピューターを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする方法

この記事では、Hyper-V ロールが Windows Server 2008 R2 に有効になっている Windows Server 2008 のインストールからアップグレードまたは移行するために使用できるオプションについて説明します。

適用対象: Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 957256

概要

仮想マシンを実行している Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターについては、この記事の「 フェールオーバー クラスターでの仮想マシンのアップグレード ガイダンス 」セクションを参照してください。

詳細

方法 1: Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2 への親パーティションのアップグレードを実行します。

注:

アップグレード中、互換性レポートは、アップグレードを続行する前に、サーバー マネージャーを使用して Hyper-V ロールを削除する必要があることを通知します。 これは必要ありません。 ただし、アップグレードを続行する前に、仮想マシンをバックアップするか、Hyper-V マネージャーを使用してエクスポートすることをお勧めします。 さらに、アップグレードする前に、次の点を考慮してください。

  • Hyper-V は RTM (KB 950050) 以降である必要があります。 この要件が満たされていない場合、アップグレードの続行はブロックされます。

  • アップグレードの前に、すべての仮想マシンをシャットダウンする必要があります。 保存された状態は、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 の間では互換性がありません。 保存された状態の仮想マシンで親パーティションがアップグレードされている場合は、仮想マシンを右クリックし、[ 保存された状態を破棄 ] を選択して仮想マシンを有効にする必要があります。

  • オンライン スナップショット機能は保存された状態を使用するため、オンライン スナップショットは Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 の間で完全に互換性がありません。 オンライン スナップショットは、仮想マシンがオンになったときに作成されたスナップショットです。 オフライン スナップショットは、仮想マシンがオフになったときに作成されるスナップショットです。 オフライン スナップショットは、Windows Server 2008 R2 と完全に互換性があります。 仮想マシンは、アップグレード前に仮想マシンがシャットダウンされたときに適用されたオンライン スナップショットに対して正常に起動します。 これは Hyper-V マネージャーで、[今すぐ] を指すスナップショットの下の緑色の矢印で表示されます。

    その他のスナップショットで仮想マシンを有効にするには、次の手順に従います。

    注:

    次の手順では、仮想マシン用に構成されているすべてのスナップショットを引き続き使用する必要があることを前提としています。 スナップショットが不要になった場合は、Hyper-V マネージャーを使用してスナップショットを削除してから、データを親仮想ハード ディスクとマージするために仮想マシンをシャットダウンできます。

    詳細については、「Hyper-V Virtual Machine Snapshots: FAQ」を参照してください。

    1. Hyper-V マネージャーを使用して、適用するスナップショットを右クリックし、[スナップショットの作成と適用] をクリックします。 このアクションは、現在適用されているスナップショットから新しいスナップショットを実行します。 この新しいスナップショットは、Windows Server 2008 R2 と互換性があります。 これを反映するように、スナップショットの名前を変更することをお勧めします。 このオプションを選択すると、前回の開始以降に仮想マシンの状態に加えた可能性のある変更が保存されます。

    2. 新しい R2 スナップショットが取得されると、手順 1 で選択したスナップショットが適用され、仮想マシンは保存された状態になります。 仮想マシンを右クリックし、[ 保存された状態の削除] をクリックします。

    3. 仮想マシンをオンにします。

    4. 新しいスナップショットを使用して、仮想マシンの現在の状態をキャプチャし、Windows Server 2008 R2 と互換性のあるスナップショットを作成します。

    5. Windows Server 2008 の各スナップショットに対して、これらの手順を繰り返します。 必要なすべてのスナップショットでこれらの手順を完了したら、Windows Server 2008 で作成されたスナップショットを削除し、仮想マシンをシャットダウンしてマージ プロセスを開始できるようにします。

  • アップグレード後、Integration Services を更新します。 これを行うには、[仮想マシン接続] ウィンドウを開き、[アクション] メニューの [Integration Services セットアップ ディスクの挿入] をクリックします。

    注:

    Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターでは、Windows Vista および Windows Server 2008 用の Integration Services がKB955484として [プログラムと機能 ] に一覧表示されます。

方法 2

Hyper-V が有効になっている Windows Server 2008 ベースのコンピューターから仮想マシンをエクスポートし、Hyper-V が有効になっている Windows Server 2008 R2 を持つサーバーにインポートします。

注:

仮想マシンをエクスポートする前に、仮想マシンをシャットダウンする必要があります。 保存された状態で仮想マシンをエクスポートした場合、Windows Server 2008 R2 で仮想マシンを復元することはできません。 Windows Server 2008 R2 にインポートした後で仮想マシンを起動するには、仮想マシンを有効にする前に保存された状態を破棄する必要があります。 仮想マシンにスナップショットがある場合は、エクスポートの前にこれらのスナップショットをマージする必要があります。または、方法 1 の手順を使用してスナップショットを復旧して再作成する必要があります。

仮想マシンをインポートした後、Integration Services を更新します。 これを行うには、[仮想マシン接続] ウィンドウを開き、[アクション] メニューの [Integration Services セットアップ ディスクの挿入] をクリックします。

注:

Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターでは、Windows Vista および Windows Server 2008 の Integration Services が [ プログラムと機能 ] に "KB955484" と表示されます。

方法 3

Hyper-V VSS ライターを利用するバックアップ ソフトウェアを使用して、Windows Server 2008 で実行されている仮想マシンをバックアップし、Windows Server 2008 R2 に復元します。

仮想マシンを復元したら、Integration Services を更新します。 これを行うには、[仮想マシン接続] ウィンドウを開き、[アクション] メニューの [Integration Services セットアップ ディスクの挿入] をクリックします。

注:

Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターでは、Windows Vista および Windows Server 2008 用の Integration Services がKB955484として [プログラムと機能 ] に一覧表示されます。

フェールオーバー クラスター上の仮想マシンのアップグレード ガイダンス

Windows Server 2008 クラスターでクラスター化されたリソースとして構成されている高可用性仮想マシンがある場合は、次の手順に従って仮想マシンとクラスターを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする必要があります。

注:

親パーティションで他のクラスター化されたサービスまたはアプリケーションを実行している場合は、次の Microsoft Web サイトにアクセスして、これらのリソースを Windows Server 2008 R2 に移動する方法について説明します。
Windows Server 2008 R2 を実行しているフェールオーバー クラスターへの移行

Hyper-V サーバーの親パーティションで追加のサービスやアプリケーションを実行することはお勧めしません。

  1. フェールオーバー クラスター マネージャー スナップイン (CluAdmin.msc) を使用して、クイック移行を実行して、すべての仮想マシンをノードのサブセットに移動します。 仮想マシンをホストしていないノードの他のサブセットを削除します。 これを行うには、フェールオーバー クラスター マネージャーでノードを右クリックし、[ アクションの移動] をクリックし、[ 削除] をクリックします。 サブセットのサイズは、サブセットによってホストされる仮想マシンが、Windows Server 2008 を引き続き実行している残りのノードに格納できるようにする必要があります。 たとえば、4 ノード クラスターでは、残りのノードがノードの最初のグループによってホストされていた仮想マシンを保持できるように、2 つのノードを削除します。 削除されたノードが元のクラスターの共有ストレージからマスクアウトされていることを確認します。

  2. 削除されたノードのサブセットに Windows Server 2008 R2 のクリーンインストールを実行し、Hyper-V ロールとフェールオーバー クラスタリング機能を有効にします。

    重要

    フェールオーバー クラスターではアップグレードがサポートされていないため、クリーンインストールが必要です。

  3. 削除されたノードを使用して新しいクラスターを作成し、構成の検証ウィザードのすべてのテストを実行します。 該当する場合は、Windows Server 2008 R2 クラスターでクラスター共有ボリューム (CSV) を有効にして、一部の CSV ディスクを作成します。

  4. アップグレードのために、元のクラスター内の仮想マシンを準備します。 仮想マシンの状態に応じて、次のアクションを実行します。

    • 仮想マシンが 実行中 の状態の場合は、Hyper-V マネージャーを使用して仮想マシンをシャットダウンします。

    • 仮想マシンが [保存済み ] 状態の場合は、Hyper-V マネージャーを使用して保存された状態から開始し、仮想マシンをシャットダウンします。 保存された状態は、ホストを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする場合はサポートされません。

    • 仮想マシンに必要なオンライン スナップショットがある場合は、関連するスナップショットを適用してから、仮想マシンをシャットダウンします。

  5. 次のいずれかの手順に従って、アップグレード用に仮想マシンを準備します。

    重要

    仮想マシンを CSV ディスクに移動する場合は、この記事の後半の「CSV 以外のディスクから CSV ディスクに仮想マシンを移行する」セクションの特定の手順に従ってください。

    1. 仮想マシンをエクスポートします。 Windows Server 2008 R2 クラスターに同じ SAN ストレージを使用する場合は、構成のみのエクスポートを使用できます。 [アクション] メニューの [エクスポート] を選択して、Windows Server 2008 Hyper-V マネージャーから仮想マシンをエクスポートします。 [仮想マシン構成のみをエクスポートする] チェックボックスを選択してください。

    2. 任意のバックアップ アプリケーションを使用して仮想マシンをバックアップします。

  6. 元のクラスターでフェールオーバー クラスター マネージャーを開き、仮想マシン構成リソースをオフラインにします。

  7. 新しいクラスターに同じストレージを再利用する場合は、元のクラスターからマスクしてから、新しい (Windows Server 2008 R2) クラスターで使用できるようにします。

  8. 手順 5 で実行した内容に応じて、次のいずれかの手順に従って、仮想マシンを新しい Windows Server 2008 R2 クラスターに移動します。

    重要

    仮想マシンを CSV ディスクに移動する場合は、「CSV 以外のディスク から CSV ディスクに仮想マシンを移行する 」セクションの手順に従います。

    1. 手順 5a を使用して上記の仮想マシンをエクスポートした場合は、仮想マシンをクラスター ノードにインポートし直します。
    2. 手順 5b を使用して仮想マシンをバックアップする場合は、バックアップ アプリケーションを使用して、仮想マシンをクラスター化されたディスクに復元します。
  9. この Windows Server 2008 R2 クラスター内にある仮想マシンごとに、Integration Services を更新します。 これを行うには、仮想マシンをオンにし、[仮想マシン接続] ウィンドウを開き、[アクション] メニューの [Integration Services セットアップ ディスクの挿入] をクリックします。

    注:

    Windows Server 2008 R2 では、Windows Vista および Windows Server 2008 用の Integration Services がKB955484として [プログラムと機能] に一覧表示されます。

  10. すべての仮想マシンが Windows Server 2008 R2 クラスターで実行されていて、すべてが完全に機能するようにテストおよび検証されている場合は、フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して古いクラスターを削除します。 これを行うには、フェールオーバー クラスター マネージャーでクラスターを右クリックし、[その他のアクション] をクリックし、[クラスターの破棄] をクリックします。

  11. 古いクラスター内の残りのノードについては、Windows Server 2008 R2 のクリーンインストールを実行し、必要に応じて Hyper-V ロールとフェールオーバー クラスタリング機能を有効にします。 これらのノードを新しいクラスターに参加させます。

CSV 以外のディスクから CSV ディスクに仮想マシンを移行する

  1. 仮想マシンをエクスポートします。 仮想ハード ディスクを格納する場所を制御する量に応じて、次のいずれかのオプションを使用します。

    1. Hyper-V マネージャーで仮想ハード ディスクと仮想マシンの構成を移動する場合は、Hyper-V マネージャーの [アクション] メニューで [エクスポート] を選択し、仮想マシンのエクスポート先のフォルダーを指定します。 Windows Server 2008 Hyper-V を実行している場合は、[仮想マシン構成チェックのみをエクスポートする] ボックスが選択されていないことを確認します。

    2. 移行中に仮想ハード ディスクを配置する場所を完全に制御する場合は、Hyper-V マネージャーの [アクション] メニューの [エクスポート] を選択して、仮想マシンを CSV フォルダーにエクスポートします。 [ 仮想マシン構成のみをエクスポートする] を選択します

  2. 仮想マシン マネージャーから、仮想マシンを削除します。

  3. クラスターの [使用可能なストレージ] グループにストレージを追加するには、左側のナビゲーション ウィンドウで [ストレージ ] ノードを選択し、[ 記憶域の追加] をクリックします。 ディスクをクラスター共有ボリュームにするには、フェールオーバー クラスターの [概要 ] ページで [クラスター共有ボリューム] 機能を有効にし、左側のナビゲーション ウィンドウで [クラスター共有ボリューム ] ノードを選択し、[ 記憶域の追加] を選択してディスクを指定します。 このディスクはクラスター共有ボリューム グループに追加され、このグループに対して C:\ClusterStorage\Volume4 などのディレクトリが作成されます。

  4. 手順 1b を使用して仮想マシンをエクスポートした場合は、「クラスター化された環境での仮想マシンのエクスポートとインポート」セクションの手順に従います。 それ以外の場合は、Hyper-V マネージャーのインポート ユーザー インターフェイスを使用して仮想マシンをインポートします。

  5. フェールオーバー クラスター マネージャーから、仮想マシンを高可用性にします。