Windows.Data.Pdf 名前空間

ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメントのページをイメージ ファイルに変換するためのクラスが含まれています。

クラス

PdfDocument

ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメントを表します。

PdfPage

ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメント内の 1 つのページを表します。

PdfPageDimensions

ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメントの 1 つのページのサイズを表します。

PdfPageRenderOptions

ページの背景色とそのエンコードの種類など、ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメントの 1 ページの表示設定を表します。

列挙型

PdfPageRotation

ポータブル ドキュメント形式 (PDF) ドキュメントのページがレンダリング出力で回転する度数を指定します。

注釈

これらの種類のアプリには、次の API を使用することをお勧めします。

  • UWP アプリの場合 は、RenderToStreamAsync メソッドを使用します。

    • JavaScript と HTML を使用します。
    • C# と拡張アプリケーション マークアップ言語 (XAML) を使用します。C++ を使用して、対応するコンポーネント オブジェクト モデル (COM) API RenderPageToSurface または RenderPageToDeviceContext に相互運用レイヤーを記述しても問題ありません。
  • UWP アプリの場合は、対応するコンポーネント オブジェクト モデル (COM) API RenderPageToSurface または RenderPageToDeviceContext を使用します。

    • C++ と XAML を使用します。
    • C++ と Microsoft DirectX を使用します。
    • C# と XAML を使用します。C++ を使用して、対応するコンポーネント オブジェクト モデル (COM) API に相互運用レイヤーを記述できます。
    • 400% を超えるズーム倍率をサポートする必要があります。

こちらもご覧ください