Share via


ApplicationData.LocalFolder プロパティ

定義

ローカル アプリ データ ストア内のルート フォルダーを取得します。 このフォルダーはクラウドにバックアップされます。

public:
 property StorageFolder ^ LocalFolder { StorageFolder ^ get(); };
StorageFolder LocalFolder();
public StorageFolder LocalFolder { get; }
var storageFolder = applicationData.localFolder;
Public ReadOnly Property LocalFolder As StorageFolder

プロパティ値

ファイルを含むファイル システム フォルダー。

注釈

"ms-appdata:///local/" プロトコルを使用して、ローカル アプリ データ ストア内のファイルにアクセスできます。 次に例を示します。

<img src="ms-appdata:///local/myFile.png" alt="" />

アプリ パッケージ内のファイルにアクセスするには、 Windows.ApplicationModel.Package.Current.InstalledLocation を使用します

Windows で検索用にアプリ データのインデックスを作成するように要求するには、このフォルダーの下に "Indexed" という名前のフォルダーを作成し、インデックスを作成するファイルをそこに格納します。 Windows では、この "Indexed" フォルダーとそのすべてのサブフォルダー内のファイルの内容とメタデータ (プロパティ) のインデックスが作成されます。

Note

インデックス付きフォルダー内のコンテンツはシステム検索では表示されませんが、アプリで検索できます。

このアプリを実行するデバイスがアプリ データバックアップをサポートしている場合、LocalFolder に配置されたコンテンツはクラウドにバックアップされる資格があります。 そのため、データを保持し、デバイスに対してローカルに保持する場合は、 LocalCacheFolder の使用を検討する必要があります。

適用対象

こちらもご覧ください