Share via


UIElement.Visibility プロパティ

定義

UIElement の可視性を取得または設定します。 表示されない UIElement はレンダリングされず、目的のサイズをレイアウトに伝達しません。

public:
 property Visibility Visibility { Visibility get(); void set(Visibility value); };
Visibility Visibility();

void Visibility(Visibility value);
public Visibility Visibility { get; set; }
var visibility = uIElement.visibility;
uIElement.visibility = visibility;
Public Property Visibility As Visibility
<uiElement Visibility="Visible"/>
-or-
<uiElement Visibility="Collapsed"/>

プロパティ値

列挙体の値。 既定値は Visible です

視覚的な状態での可視性 コントロールの表示状態を定義する一環として、オブジェクトの表示状態を Collapsed に変更する場合があります。 表示状態はアニメーションに依存します。 Visibility のプロパティ値の型は、列挙体である Visibility です。 列挙体である値をアニメーション化するには、 DiscreteObjectKeyFrame を使用する必要があります。 (ブール値にもこの手法を使用します)。 この XAML の例では、 DiscreteObjectKeyFrame を使用して可視性を変更する視覚的な状態を示します。

<VisualState x:Name="Focused">
  <Storyboard>
    <ObjectAnimationUsingKeyFrames Storyboard.TargetName="FocusVisualElement" Storyboard.TargetProperty="Visibility" Duration="0">
      <DiscreteObjectKeyFrame KeyTime="0" Value="Visible"/>
    </ObjectAnimationUsingKeyFrames>
  </Storyboard>
</VisualState>

注釈

Visibility が Collapsed と等しい UI 要素は、ページ上の XAML の残りの部分と共に読み込まれ、ランタイム オブジェクト ツリーに存在します。

Visibility equals Collapsed を持つ要素は、UI 内の場所がなく、入力テストやヒット テストには参加しません。 また、タブ シーケンスに含まれていないため、プログラムでフォーカスを設定することもできません。 [表示] を設定するのではなく、入力、フォーカス、またはヒット テストが必要な場合は、 不透明度 0 を使用します。

BooleanToVisibilityConverter

データ ソースからのデータを使用するアプリの一般的なシナリオは、データを表示するかどうかを制御するデータのプロパティまたはビュー モデルを識別することです。 関連するシナリオでは、親コントロールまたは別のパーツの Boolean プロパティに基づいてコントロール パーツの可視性を変更できるテンプレートを作成します。 この動作を Binding の一部として簡単に定義できるように、既定のプロジェクト テンプレートの一部には、共通フォルダーに BooleanToVisibilityConverter ヘルパー クラスが含まれています。 データ バインディングに値コンバーターを使用する方法の詳細については、「 IValueConverter」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください