TargetDeviceFamily (Windows 10)

パッケージがターゲットとするデバイス ファミリを識別します。 デバイス ファミリの詳細については、「拡張 SDK でのプログラミング」を参照してください。

要素の階層

<Package>

    <依存関係>

         <TargetDeviceFamily>

構文

<TargetDeviceFamily
    Name = 'An alphanumeric string that can contain period and dash characters.'
    MinVersion = 'A version string in quad notation ("Major.Minor.Build.Revision"), where Major cannot be 0.'
    MaxVersionTested = 'A version string in quad notation ("Major.Minor.Build.Revision"), where Major cannot be 0.' />

属性と要素

属性

属性 説明 データ型 必須 既定値
名前 アプリが対象とするデバイス ファミリの名前。 サポートされているデバイス ファミリ名の詳細については、「 」セクションを参照してください。 ピリオドとダッシュ文字を含めることができる英数字の文字列。 はい
MinVersion アプリが対象とするデバイス ファミリの最小バージョン。 デプロイ時の適用性に使用されます。 システムのデバイス ファミリ のバージョンが MinVersion より低い場合、アプリは適用対象とは見なされません。 クワッド表記 (Major.Minor.Build.Revision) のバージョン文字列。指定 Major できません 0 はい
MaxVersionTested テスト対象のアプリが対象とするデバイス ファミリの最大バージョン。 これは実行時に、風変わりなプロセス領域を決定するために使用されます。 クワッド表記 (Major.Minor.Build.Revision) のバージョン文字列。指定 Major できません 0 はい

子要素

なし。

親要素

親要素 説明
依存関係 パッケージがソフトウェアを完成させるために依存する他のパッケージを宣言します。

"ユニバーサル デバイス ファミリ" と呼ばれる一連の API をターゲットにするには (つまり、アプリはすべてのデバイスで実行されます)、次の例のように、1 つのデバイス ファミリを指定するだけです。 アプリが特定のデバイス ファミリのデバイスで実行されている場合は、ユニバーサル デバイス ファミリの外部で API を点灯させるアダプティブ コードを引き続き記述できます。 バージョン 10.0.x.0 と 10.0.y.0 は、もちろん同じ値にすることができます。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Universal" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

Note

"MinVersion" と "MaxVersionTested" の両方がバージョン 10.0.0.0 に設定された "Windows.Universal" を対象とする場合、アプリはプロジェクト ファイルのターゲット最小バージョンとターゲット バージョンで指定されたバージョンをそれぞれ使用します。 "MinVersion" と "MaxVersionTested" を 10.0.0.0 以外の値に設定して "Windows.Universal" を使用している場合、アプリはプロジェクト ファイルで指定された値ではなく、指定された "MinVersion" と "MaxVersionTested" を対象とします。

すべての子デバイス ファミリは、API の "ユニバーサル デバイス ファミリ" セットから "派生" (つまり、含まれます) します。 したがって、子デバイス ファミリは、"ユニバーサルと他の子デバイス ファミリ固有の API" を意味します。 子デバイス ファミリを対象とする場合は、ユニバーサルについて言及する必要はありません。 この次の例では、アプリは "モバイル デバイス ファミリ" と呼ばれる一連の API を対象としているため、モバイル デバイス ファミリの API セット (モバイル デバイス) を実装するデバイスでのみ実行されます。 別のデバイス ファミリをターゲットにする場合など、"Mobile" を "Desktop"、"Xbox"、"Holographic"、"IoT"、または "IoTHeadless" に置き換えます。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Mobile" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

Note

アプリが "Windows.Universal" 以外のデバイス ファミリを対象としている場合は、対象となるデバイス ファミリに対して "MinVersion" と "MaxVersionTested" を適切に指定する必要があります。

Xbox デバイス ファミリを対象にするには、Name 属性を "Windows.Xbox" に設定します。 Xbox デバイス ファミリを対象にするには、MinVersion を 10.0.14393.0 以上に設定する必要があります。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Xbox" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

アプリが HoloLens 専用に作成され、他のプラットフォームでサポートされていない場合は、ターゲット デバイス ファミリ "Windows.Holographic" を指定します。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Holographic" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

アプリが Windows 10 Team Edition のみを対象とする場合は、Name 属性を "Windows.Team" に設定します。 これは、Microsoft Surface Hubデバイスでよく使用されます。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Team" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

IoT Core プラットフォームをターゲットにする場合は、Name 属性を "Windows.IoT" に設定します。 ヘッドレス IoT アプリの場合は、"Windows.IoTHeadless" を使用します。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.IoT" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

Note

現時点では、IoT または IoTHeadless を対象とするアプリはアプリ ストアでは有効ではなく、開発目的でのみ使用する必要があります。

この例では、アプリはモバイルおよびデスクトップ デバイス ファミリを対象とします。 そのため、アプリはモバイル デバイスまたはデスクトップ デバイス上で実行できますが、他には実行できません。 アプリはアダプティブ コードを使用して、ユニバーサル デバイス ファミリの API に含まれていない API を呼び出す必要があることに注意してください (API が両方のデバイス ファミリで共有される場合を除く)。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Mobile" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
</Dependencies>

この最後の例では、アプリはユニバーサル デバイス ファミリを対象としています (既定では、指定された最小バージョンのすべてのデバイスで実行されます)。 ただし、モバイル デバイス ファミリを実装するデバイスの場合、アプリにはバージョン 10.0.m.0 以上が存在する必要があります。 これは、指定された最小バージョンよりも前の子デバイス ファミリのバージョンをサポートしないことを示す方法です。一般的なケース (ユニバーサル デバイス ファミリ ケース) でサポートするバージョンと異なる場合でも、この方法で指定します。 また、この例のモバイル デバイス ファミリの依存関係の MaxVersionTested 値にも注意してください。 z > n では、アプリはモバイル デバイスのバージョン 10.0.z.0 で実行されますが、そのバージョンではプラットフォームから 10.0.n.0 バージョンの動作が発生します。

<Dependencies>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Universal" MinVersion="10.0.x.0" MaxVersionTested="10.0.y.0"/>
    <TargetDeviceFamily Name="Windows.Mobile" MinVersion="10.0.m.0" MaxVersionTested="10.0.n.0"/>
</Dependencies>

必要条件

要件
名前空間 http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10