用語集: vcpkg

このドキュメントで使用される用語の一部は、コミュニティで議論されたときに同様の意味を持ちます。 そのため、混乱とあいまいさを避けるために、この記事ではこれらの用語に固有の意味を提供します。

L

ライブラリ

他のソフトウェアによって再利用されることを意図したソフトウェア (ソース コード、バイナリ ファイル、ドキュメント、ライセンスなど)。 vcpkg レジストリほとんどのポートでは、C/C++ ライブラリがインストールされます。

M

マニフェスト

ポートまたはプロジェクトの依存関係などのメタデータを記述する名前 vcpkg.json のファイル。

詳細については、 マニフェストのドキュメント を参照してください。

O

オーバーレイ ポート/トリプレット

ローカルで使用可能なポートまたはトリプレット。 通常、レジストリに含まれていないポートまたはトリプレットを提供したり、レジストリ内のポートまたはトリプレットの名前をオーバーライドしたりするために使用されます。

詳細については、 オーバーレイのドキュメント を参照してください。

P

Package

パッケージには、ライブラリ、ライブラリのコレクション、ビルド スクリプト、ソフトウェア ツール、またはその使用に必要なその他のコンポーネントを含めることができます。 vcpkg の目的は、プロジェクトのビルド中に利用可能なこれらのパッケージ をインストールすることです

ポート

vcpkg 固有の用語。ポートには次のものが含まれます。

  • パッケージに関するメタデータ: 名前、バージョン、依存関係、サポートされている機能など。
  • 必要に応じてパッケージを取得、ビルド、インストールする手順。

詳細については、ポートの ドキュメント を参照してください。