システム パッケージ マネージャー

C++ ライブラリは、apt や vcpkg などのシステム パッケージ マネージャーで使用できます。 ライブラリを取得する方法は、特定のユース ケースによって異なります。 vcpkg 依存関係は、システム パッケージ マネージャーの依存関係に依存することもできます。

システム パッケージ マネージャーからの依存関係を使用する理由

  • 異なるプログラムが同じ共有ライブラリを共有できるため、全体的な展開サイズは縮小されます。
  • プログラムは、そのシステムで構成されたポリシーの決定に応答します。 たとえば、DNS ポリシーは glibc で実装される傾向があり、OpenSSL で実装された信頼できる証明書や、UI ライブラリの UI/テーマ付けビットなどです。
  • 通常は、ソースからバイナリをビルドするよりも、システム パッケージ マネージャーからバイナリをダウンロードする方が高速です。

vcpkg からの依存関係を使用する理由

  • 開発が容易になります。vcpkg はソースからビルドされます。つまり、ライブラリのデバッグ情報が得られます。 さらに、ライブラリはリリース バージョンとデバッグ バージョンの両方をビルドします。
  • これらの依存関係のバージョンを完全に制御できます。 システム パッケージ マネージャーでは、特定のバージョンのみに制限される場合があります。
  • 依存関係を取得する方法は、対象とするすべてのプラットフォームで同じにすることができます。