チュートリアル: レジストリ ベースラインを使用して特定のバージョンの Boost ライブラリをインストールする

vcpkg は、Boost パッケージの限られたサブセットのみに依存するユーザーにとって便利なように、ライブラリのセットを個々のパッケージとして提供 Boost します。 ただし、このアプローチにはトレードオフがあります。 特定のバージョンの Boost 依存関係をロックする必要があるユーザーは、依存している各 Boost パッケージのバージョンをオーバーライドする必要があります。

ただし、レジストリ ベースラインとパッケージ パターンを使用して、この問題に対する簡単な解決策があります。

前提条件

  • ターミナル
  • C++ コンパイラ
  • vcpkg

問題

依存 boost-optional するプロジェクトがあり、Boost ライブラリのバージョン 1.80.0 をロックダウンするとします。 したがって、次に示すように、依存関係のオーバーライドを作成します。

vcpkg.json

{
    "dependencies": [ "boost-optional" ],
    "overrides": [
        { "name": "boost-optional", "version": "1.80.0" }
    ]
}

vcpkg-configuration.json

{
  "default-registry": {
    "kind": "git",
    "repository": "https://github.com/Microsoft/vcpkg",
    "baseline": "3265c187c74914aa5569b75355badebfdbab7987"
  }
}

実行vcpkg installすると、他の boost-optional Boost 依存関係がベースライン バージョン (1.83.0) を使用している間に1.80.0、バージョンのみがロックされていることがわかります。

Fetching registry information from https://github.com/Microsoft/vcpkg (HEAD)...
Detecting compiler hash for triplet x64-linux...
The following packages will be built and installed:
  * boost-assert:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-config:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-core:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-detail:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-io:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-move:x64-linux -> 1.83.0
    boost-optional:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-predef:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-preprocessor:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-static-assert:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-throw-exception:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-type-traits:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-uninstall:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-utility:x64-linux -> 1.83.0
  * boost-vcpkg-helpers:x64-linux -> 1.83.0
Additional packages (*) will be modified to complete this operation.

1 - Boost バージョン ベースラインの取得

次のコマンドを実行して、パッケージのバージョン データベースを変更したコミットの履歴を boost-optional 確認します。

git log "--format=%H %cd %s" --date=short --left-only -- versions/b-/boost-optional.json

次のような出力が表示されます。

caa7579a1c48e2ca770f6ccf98cb03db95642631 2023-09-13 [boost] update to v1.83.0 (#33597)
5d3798ac7388ca66c169773e46103b14077b76a4 2023-06-06 [boost] Remove port version constraints (#31572)
501db0f17ef6df184fcdbfbe0f87cde2313b6ab1 2023-04-15 [boost-build] Fix SHA512 and add MSVC workaround. (#30884)
bedfdb774cfbe47da202169046ca15441a213f3e 2023-04-15 [Boost] Update Boost ports to 1.82#0 (#30856)
9484a57dd560b89f0a583be08af6753611c57fd5 2023-02-24 Update vcpkg-tool to 2023-02-16. (#29664)
6aa38234d08efefc55b70025cf6afc2212e78e15 2023-02-01 [boost] Fix generate ports to match the tree. (#29338)
6d41737729b170cb7d323a4fddd21607c9237636 2022-12-20 [boost] update to 1.81.0 (#28356)
5ba2b95aea2a39aa89444949c7a047af38c401c1 2022-10-18 [boost] Add version constraints (#26817)
8424da584e59e05956913bf96f87654aa3096c7e 2022-08-25 [boost] update to 1.80.0 (#26233)
96ec7fb25da25e0463446e552d59715a47c95e73 2022-04-21 [boost] update to 1.79.0 (#24210)
76d4836f3b1e027758044fdbdde91256b0f0955d 2022-01-10 [boost] update to 1.78.0 (#21928)
cc471dc0f59b7b2066d6172c2893419412327a7a 2021-09-27 [boost] update to 1.77.0 (#19556)
761c81d43335a5d5ccc2ec8ad90bd7e2cbba734e 2021-07-07 [boost] update to 1.76.0 (#17335)
68a74950d0400f5a803026d0860f49853984bf11 2021-01-21 [vcpkg] Rename `port_versions` to `versions` (#15784)

ご覧のように、バージョン 1.80.0 のコミットが一覧表示されます。 次の手順では、そのコミットをすべての Boost パッケージのベースラインとして使用します。

2 - ベースラインを使用して Boost パッケージをオーバーライドする

関連するすべての Boost 依存関係のオーバーライドを追加する代わりに、レジストリ ベースラインを使用して、代わりにバージョン セットをロックダウンできます。 次のようにファイルを変更します vcpkg-configuration.json

vcpkg-configuration.json

{
  "default-registry": {
    "kind": "git",
    "repository": "https://github.com/Microsoft/vcpkg",
    "baseline": "3265c187c74914aa5569b75355badebfdbab7987"
  },
  "registries": [
    {
      "kind": "git",
      "repository": "https://github.com/Microsoft/vcpkg",
      "baseline": "8424da584e59e05956913bf96f87654aa3096c7e",
      "packages": [ "boost*", "boost-*"]
    }
  ]
}

構成ファイルには、2 つのレジストリ定義が含まれています。 default-registryこの記事の執筆時点でhttps://github.com/Microsoft/vcpkg最新のコミットを使用する際に vcpkg によってキュレーションされたレジストリを指すものです。 また、vcpkg によってキュレーションされたレジストリを指す 2 つ目のレジストリは、以前のベースラインにあり、そのパッケージとboost-*パターンに一致boost*するパッケージに限定されています。

コマンドを vcpkg install 実行すると、今度はすべての Boost ライブラリでバージョン 1.80.0が使用されていることがわかります。

Fetching registry information from https://github.com/Microsoft/vcpkg (HEAD)...
Detecting compiler hash for triplet x64-linux...
The following packages will be built and installed:
  * boost-assert:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-config:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-core:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-detail:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-io:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-move:x64-linux -> 1.80.0
    boost-optional:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-predef:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-preprocessor:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-static-assert:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-throw-exception:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-type-traits:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-uninstall:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-utility:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-vcpkg-helpers:x64-linux -> 1.80.0
  * boost-winapi:x64-linux -> 1.80.0
Additional packages (*) will be modified to complete this operation.

同じアプローチは、次のような qt他のメタパッケージにも使用できます。

次のステップ

次に試すその他のタスクを次に示します。