vcpkg_acquire_msys

MSYS2 インスタンスをダウンロードして準備します。

使用法

vcpkg_acquire_msys(<MSYS_ROOT_VAR>
    PACKAGES <package>...
    [NO_DEFAULT_PACKAGES]
    [DIRECT_PACKAGES <URL> <SHA512> <URL> <SHA512> ...]
)

パラメーター

MSYS_ROOT_VAR

MSYS2 へのパスに設定されるアウト変数。

パッケージ

msys で取得するパッケージの一覧。

パッケージが使用可能であることを確認するには: vcpkg_acquire_msys(MSYS_ROOT PACKAGES make automake1.16)

NO_DEFAULT_PACKAGES

通常の基本パッケージを除外します。

基本パッケージの一覧には、bash、coreutils、sed、grep、gawk、gzip、diffutils、make、pkg-config が含まれます。

DIRECT_PACKAGES

msys で取得する URL/SHA512 ペアの一覧。

このパラメーターは、取得する msys パッケージのリストをプライベートに拡張するためにポートで使用できます。 URL は msys2 Web サイトにあり、直接アーカイブ リンクである必要があります。

https://repo.msys2.org/mingw/i686/mingw-w64-i686-gettext-0.19.8.1-9-any.pkg.tar.zst

メモ

通常、呼び出し vcpkg_acquire_msys の後に次の呼び出し bash.exeが続きます。

vcpkg_acquire_msys(MSYS_ROOT)
set(BASH ${MSYS_ROOT}/usr/bin/bash.exe)

vcpkg_execute_required_process(
    COMMAND "${BASH}" --noprofile --norc "${CMAKE_CURRENT_LIST_DIR}\\build.sh"
    WORKING_DIRECTORY "${CURRENT_BUILDTREES_DIR}/${TARGET_TRIPLET}-rel"
    LOGNAME "build-${TARGET_TRIPLET}-rel"
)

ソース

scripts/cmake/vcpkg_acquire_msys.cmake