vcpkg_from_bitbucket

Bitbucket からプロジェクトをダウンロードして抽出します。

使用法

vcpkg_from_bitbucket(
    OUT_SOURCE_PATH <SOURCE_PATH>
    REPO <blaze-lib/blaze>
    [REF <v3.8.1>]
    [SHA512 <45d0d7f8cc350...>]
    [HEAD_REF <master>]
    [PATCHES <patch1.patch> <patch2.patch>...]
)

パラメーター

OUT_SOURCE_PATH

抽出された場所を格納する out 変数を指定します。

これは規則に従って設定する SOURCE_PATH 必要があります。

REPO

Bitbucket 上の組織またはユーザーとリポジトリ。

REF

コンテンツを変更しない安定した git commit-ish (理想的にはタグ)。 これは分岐にすることはできません。

公式リリースのないリポジトリの場合、これは現在の最新のマスターの完全なコミット ID に設定できます。 vcpkg_from_bitbucket()で履歴情報なしでコミットの安定したスナップショットをhttps://bitbucket.com/<REPO>/get/<REF>.tar.gzダウンロードします。

REF を指定した場合は、SHA512 も指定する必要があります。

SHA512

ソース アーカイブの SHA512 ハッシュ。

これは、最初にポートを設定してからポートを 0構築しようとすることで、最も簡単に判断できます。 エラー メッセージには完全なハッシュが含まれます。このハッシュは、ポートファイルにコピーして戻すことができます。

HEAD_REF

ビルド用 --head にプルする不安定な git commit-ish (理想的にはブランチ)。

ほとんどのプロジェクトでは、これは master. 選択したブランチは、サポートされているすべてのプラットフォームで常にビルド可能であることが期待されるブランチである必要があります。

パッチ

抽出されたソースに適用するパッチの一覧。

相対パスは、ポート ディレクトリに基づいています。

メモ

少なくとも1つ REFHEAD_REF 指定する必要があるが、両方が存在することが好ましい。

これにより、ヘッド ビルド中に変数が VCPKG_HEAD_VERSION エクスポートされます。

ソース

scripts/cmake/vcpkg_from_bitbucket.cmake