ハイパーバイザーの仕様

ハイパーバイザーのトップレベル機能仕様

Hyper-V ハイパーバイザー トップレベル機能仕様 (TLFS) では、他のオペレーティング システム コンポーネントに対する、外部から参照可能なハイパーバイザーの動作を説明します。 この仕様は、ゲスト オペレーティング システムの開発者にとって役立ちます。

この仕様は、Microsoft Open Specification Promise の下で提供されます。 Microsoft Open Specification Promise に関する詳細については、次をお読みください。

ダウンロード

Release ドキュメント
Windows Server 2019 (リビジョン B) Hypervisor Top Level Functional Specification v6.0b.pdf
Windows Server 2016 (リビジョン C) Hypervisor Top Level Functional Specification v5.0c.pdf
Windows Server 2012 R2 (リビジョン B) Hypervisor Top Level Functional Specification v4.0b.pdf
Windows Server 2012 Hypervisor Top Level Functional Specification v3.0.pdf
Windows Server 2008 R2 Hypervisor Top Level Functional Specification v2.0.pdf

Microsoft ハイパーバイザー インターフェイスを実装するための要件

TLFS には、Microsoft 固有のハイパーバイザー アーキテクチャのあらゆる側面を網羅した説明が記載されています。このアーキテクチャはゲスト仮想マシンに対して "HV#1" として宣言されます。 ただし、サード パーティ製ハイパーバイザーでは、Microsoft HV#1 ハイパーバイザー仕様への準拠を宣言するために、TLFS に記載されているインターフェイスをすべて実装する必要はありません。 「Requirements for Implementing the Microsoft Hypervisor Interface」 (Microsoft ハイパーバイザー インターフェイスを実装するための要件) には、Microsoft HV#1 との互換性が求められるすべてのハイパーバイザーに最小限実装する必要があるハイパーバイザー インターフェイスが記載されています。

ダウンロード

Microsoft ハイパーバイザー インターフェイスを実装するための要件