AddExistingSolutionItem コマンド

既存のファイルを現在のソリューションに追加して、そのファイルを開きます。

構文

File.AddExistingItem filename [/e:editorname]

引数

filename
必須。 現在のソリューションに追加する項目の完全なパスとファイル名 (拡張子付き)。 ファイル パスまたはファイル名にスペースが含まれている場合は、パス全体を引用符で囲みます。

スイッチ

/e: editorname
省略可能。 ファイルを開くために使用するエディターの名前です。 引数は指定されていても、エディター名がない場合、[プログラムから開く] ダイアログ ボックスが表示されます。

/e:editorname 引数の構文では、[プログラムから開く] ダイアログ ボックスに表示されるエディター名 (引用符で囲まれている) が使用されます。 たとえば、ソース コード エディターでスタイル シートを開く場合、/e:editorname 引数に対して次のように入力します。

/e:"Source Code (text) Editor"

解説

オート コンプリートでは、入力された正しいパスとファイル名の検索を試みます。

この例では、Form1.frm というファイルを現在のソリューションに追加します。

>File.AddExistingItem "C:\public\solution files\Form1.frm"

関連項目