次の方法で共有


Visual Studio for Mac でビルド アクションを構成する

重要

Visual Studio for Mac は、Microsoft の モダン ライフサイクル ポリシーに従って、2024 年 8 月 31 日に廃止される予定です。 引き続き Visual Studio for Mac を使用できますが、VS Code 用の新しい C# 開発キット拡張機能のプレビュー バージョンなど、Mac 上の開発者向けの他のいくつかのオプションがあります。

サポートタイムラインと代替方法の詳細をご確認ください

Visual Studio for Mac プロジェクト内のすべてのファイルに、ビルド アクションがあります。 ビルド アクションでは、プロジェクトのコンパイル時にファイルに行われる処理が制御されます。

Note

このトピックは、Visual Studio for Mac に適用されます。 Windows での Visual Studio については、「ビルド アクション」を参照してください。

ビルド アクションを設定する

Visual Studio for Mac でファイルのビルド アクションを設定するには、次に示すように、任意のファイルを右クリックし、[ビルド アクション] を参照します。

Selecting Compile build action from Solution Explorer

このファイルのビルド アクションはフライアウト メニューに表示されます。

ビルド アクションの値

Visual Studio for Mac でビルドできるプロジェクトの一般的なビルド アクションには次が含まれます。

ビルド アクション プロジェクトの種類 説明
Compile 任意 ファイルはソース ファイルとして C# コンパイラに渡されます。
コンテンツ .NET、Xamarin ASP.NET プロジェクトの場合、展開時に、これらのファイルはサイトの一部として含まれます。 Xamarin.iOS プロジェクトと Xamarin.Mac プロジェクトの場合、アプリ バンドルに含まれます。
Embedded Resource .NET ファイルは、アセンブリに埋め込むリソースとして C# コンパイラに渡されます。 System.Reflection 名前空間の Assembly.GetManifestResourceStream を使用すると、アセンブリからファイルを読み取ることができます。
なし 任意 このファイルはいかなる形でもビルドに含まれません。IDE から簡単にアクセスできるようにプロジェクトに含まれています。 この値は、"ReadMe" ファイルなどのドキュメント ファイルで使用できます。

Note

特定のプロジェクトの種類に対して追加のビルド アクションを定義して、ビルドア クションのリストをプロジェクトの種類に基づくものにして、このリストに含まれない値が表示されるようにすることができます。

Xamarin.iOS プロジェクトには、BundleResource ビルド アクションがあります。このアクションでは、アプリ バンドルの一環としてファイルを追加します。 Xamarin.Android 固有のビルド アクションに関する詳細は、ビルド プロセス ガイドでご覧いただけます。

ソリューション エクスプローラーでは複数のファイルを選択することもできます。ビルド アクションを一度に複数のファイルに設定できます。

関連項目