Viva ラーニングの SharePoint コンテンツでMicrosoft 365 グループアクセス許可を使用する

ドキュメント ライブラリ フォルダー URL は、組織内の任意の SharePoint サイトから収集できます。 Viva ラーニングは、既存のすべてのコンテンツアクセス許可に従います。 そのため、ユーザーがアクセス許可を持っているコンテンツのみが検索可能で、Viva ラーニング内で表示されます。 これらのフォルダー内のコンテンツはすべて検索できますが、使用できるのは、個々の従業員がアクセス許可を持つコンテンツのみです。

注:

[管理者] タブは、Viva Suite または Viva ラーニング ライセンスを持つ管理者のみが使用できます。


注:

Microsoft 365 グループの種類のみがサポートされています。 Viva ラーニングでは、ユーザーベースのアクセス許可はサポートされていません。 Viva ラーニングは、Microsoft 365 グループのアクセス許可が関連付けられていないファイルを取り込むことはありません。

  1. Microsoft 365 管理センターでグループを作成する」の手順に従ってグループを作成し、Microsoft 365 管理センターにグループを作成します。

注:

アクセス許可を追加するには、サイト所有者またはサイト共同作成者である必要があります。

注:

所有者がアクセスできるようにするには、所有者をメンバーとして追加する必要があります。

  1. SharePoint に学習コンテンツを格納しているフォルダーに移動します。

  2. アクセスを制御する項目の垂直省略記号 (...) を選択します。 フォルダー内の特定の項目へのアクセスを制御する場合は、そのフォルダーに移動します。

  3. [ アクセスの管理] を選択します

    [アクセスの管理] にカーソルが置かれた、学習コンテンツ リポジトリで選択されているフォルダーのスクリーンショット。

  4. [直接アクセス] の横にあるプラスアイコン (+) を選択します。

    [アクセスの管理] オプションの [直接アクセス] の横で選択されているプラスアイコンのスクリーンショット。

  5. アクセス権を付与するグループのメール アドレスの入力を開始し、グループを選択します。

    [直接アクセス] ウィンドウで選択されているグループのスクリーンショット。

  6. 既定では、グループ内のユーザーには編集アクセス許可が付与されます。 鉛筆アイコンを選択して、[編集] と [アクセス許可の表示] を選択します。 グループに表示権限しかない場合、鉛筆アイコンにはスラッシュが付きます。 ユーザーには、最小限の [表示可能] アクセス許可が必要です。

    [編集可能] と [表示可能] のオプションを示す鉛筆アイコンのスクリーンショット。

  7. [ アクセス権の付与] を選択して、グループに学習コンテンツへのアクセス権を付与します。

  8. 適切なアクセス許可が追加されたことを検証するには、アクセス許可の詳細オプションをクリックし、追加したアクセス許可に "TYPE" がドメイン グループとして含まれているかどうかを確認します。

[種類] 列にプロパティとして

注:

これらの変更がViva ラーニング アプリに表示されるまでに約 24 時間かかります。

意図せずに表示されたコンテンツを削除する

  1. ドキュメント ライブラリへのアクセスを制限するには、[操作の 表示 ] オプションを選択し、[ アクセスの管理] を選択します。

    [アクセスの管理] が強調表示されている [操作の表示] オプションが表示されている SharePoint のドキュメント ライブラリ ページ。

  2. ドキュメント ライブラリ内の元のドキュメントを削除します。

詳細については、「 SharePoint モダン エクスペリエンスでの共有とアクセス許可」を参照してください。