バッテリー節約機能

このバッテリー節約機能は、システムがバッテリーで動作しているときに電力を節約するのに役立ちます。 バッテリー節約機能がオンになっている場合は、一部の Windows 機能が無効になるか、異なった動作を行います。

ユーザーは、バッテリー レベルが特定の割合に達したときにバッテリー節約機能を有効にするよう選択できます。

  • Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education) では、バッテリーが 20% を下回ると自動的にバッテリー節約機能がオンになります。

  • Windows 10 Mobile では、バッテリーが 20% を下回ったときにバッテリー節約機能がオンになるようにする必要があります。

バッテリー節約機能がオンになると、いくつかの Windows 機能の動作が変わります。

  • Microsoft Store のメール、People、カレンダー アプリは同期されません。

  • バックグラウンドで実行されているアプリはブロックされます。 ユーザーは、バッテリー節約機能モードでの実行を個々のアプリに許可することができます。 特定のカテゴリのアプリは引き続き実行されます。 たとえば、VOIP アプリはブロックされません。

  • Windows プッシュ通知サービス (WNS) は、バッテリー節約機能がオンになっている場合に影響を受けます。

    • Windows 10 Mobile では、WNS が既定でブロックされています。 ユーザーは、バッテリー節約機能がオンの場合も常に実行を許可するアプリを個別に選択できます。 すべてのアプリで WNS を許可する設定はありません。 これは、Windows Phone 8.1 と同じ動作です。

    • Windows 10 デスクトップ エディションでは、WNS が既定ですべてのアプリに対して許可されています。 ユーザーは、これを Windows 10 Mobile モデルに変更できます。その場合は、許可されたアプリだけが常に実行されます。

  • 緊急ではない Windows 更新プログラムのダウンロードがブロックされます。 ただし、Windows 更新プログラムのスキャンは引き続き行われます。

  • ディスプレイの明るさは、Windows 10 デスクトップ エディションと Windows 10 Mobile の両方で 30% 低下します。 ユーザーは、Windows 10 デスクトップ エディションの場合のみ、この設定を有効または無効にすることができます。

  • OEM は、Windows 10 デスクトップ エディションでディスプレイの明るさの値を構成できます。 ただし、Windows 10 Mobile では、構成が無効になっています。 この値は、ESBRIGHTNESS SUB_ENERGYSAVER Powercfg 設定で制御されます。

  • 利用統計情報の大部分はブロックされます。

    • 重要な利用統計情報のみがアップロードされます

    • 全数調査データと同様の利用統計情報は重要なため、アップロードされます

  • Windows タスク スケジューラのタスクが実行されるのは、タスクが次の場合のみです。

    • [Start the task only if the computer is idle...] (コンピューターがアイドル状態の場合のみタスクを開始する) に設定されていない (タスクで IdleSettings を使用していない)

    • 自動メンテナンス中に実行するよう設定されていない (タスクで MaintenanceSettings を使用していない)。

    • [ユーザーがログオンしているときのみ実行する] に設定されている (タスクの LogonTypeTASK_LOGON_INTERACTIVE_TOKEN または TASK_LOGON_GROUP)

    その他すべてのトリガーは、システムがバッテリー節約機能モードを終了するまで延期されます。

アプリケーションでのバッテリー節約機能の状態へのアクセスの詳細については、SYSTEM_POWER_STATUS に関するページを参照してください。