次の方法で共有


コード署名証明書の管理

パートナー センター管理者は、ドライバー証明書の有効期限が切れたときに、その証明書を追加、更新、削除する責任があります。 この記事では、ハードウェア ダッシュボードでコード署名証明書を取得、追加、更新する方法する方法について説明します。

ドライバー署名ルールの詳細については、Windows ハードウェア認定のブログ記事の「Windows 10、バージョン 1607 のドライバー署名の変更」をご覧ください。

前提条件

ハードウェア開発者プログラムに登録します。 まだ登録していない場合は、Microsoft Windows ハードウェア開発者プログラムへの登録方法に関するページの手順に従います。

コード署名証明書を取得または更新する

新しいコード署名証明書を取得するには:

  1. どの証明書が必要かを特定します。 証明書の選択に役立つ情報については、ドライバー署名の要件に関する記事をご覧ください。

  2. 証明書を再利用する場合は、手順 5 に進みます。

  3. 次のいずれかの証明機関のページに移動し、購入の指示に従います。

  4. 証明機関が連絡先情報を確認し、証明書の購入が承認されたら、その指示に従って証明書を取得します。

  5. パートナー センターに移動し、管理者の資格情報を使用してサインインします。

  6. 右上にある歯車アイコンを選択し、[開発者向け設定] を選択した後、左側のウィンドウで [証明書の管理] を選択します。

  7. [新しい証明書を追加します] を選択し、[次へ] を選択します。

  8. Signablefile.bin をダウンロードし、SignTool/fd sha256 スイッチと適切な SHA-2 タイムスタンプを使用して、会社の新しいデジタル証明書でファイルに署名します。

  9. 署名済みのファイルをパートナー センターにアップロードします。

コード署名証明書を削除する

  1. パートナー センターに移動し、管理者の資格情報を使用してサインインします。

  2. 右上にある歯車アイコンを選択し、[開発者向け設定] を選択した後、左側のウィンドウで [証明書の管理] を選択します。

  3. ページ内を移動して、削除する証明書を見つけます。

  4. 証明書の [アクション] 列で、[削除] を選択します。