D3DKMTSignalSynchronizationObjectFromGpu2 関数 (d3dkmthk.h)

D3DKMTSignalSynchronizationObjectFromGpu2 は、監視対象のフェンスを通知するために使用されます。特定のグラフィックス処理装置 (GPU) エンジンが GPU 仮想アドレスを使用して新しい監視フェンス値を直接書き込めできない場合、ドライバーはコマンド バッファーをフラッシュし、 D3DKMTSignalSynchronizationObjectFromGpu2 を使用して GPU パケットから信号を発行する必要があります。 Windows ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) v2 ドライバーの場合、既存 の D3DKMTSignalSynchronizationObject および D3DKMTSignalSynchronizationObject2 コールバックは非推奨となり、最終的には削除されます。

構文

NTSTATUS D3DKMTSignalSynchronizationObjectFromGpu2(
  [in] const D3DKMT_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU2 *unnamedParam1
);

パラメーター

[in] unnamedParam1

要求された操作の詳細を提供する D3DKMT_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU2 構造体。

戻り値

次の値のいずれか。

リターン コード 説明
STATUS_SUCCESS 操作が正常に実行されました。
STATUS_INVALID_PARAMETER パラメーターが検証され、正しくないと判断されました。

この関数は、他の NTSTATUS 値も返す場合があります。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2016
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header d3dkmthk.h (D3dkmthk.h を含む)
Library Gdi32.lib
[DLL] Gdi32.dll

関連項目

D3DKMTSignalSynchronizationObject

D3DKMTSignalSynchronizationObject2

D3DKMTSignalSynchronizationObjectFromGpu

D3DKMT_SIGNALSYNCHRONIZATIONOBJECTFROMGPU2