IDebugSystemObjects2::SetImplicitThreadDataOffset メソッド (dbgeng.h)

SetImplicitThreadDataOffset メソッドは、現在のプロセスの暗黙的なスレッドを設定します。

構文

HRESULT SetImplicitThreadDataOffset(
  [in] ULONG64 Offset
);

パラメーター

[in] Offset

現在のプロセスの暗黙的なスレッドになるシステム スレッドのデータ構造のターゲットのメモリ アドレス空間内の場所を指定します。 これが 0 の場合、現在のプロセスの暗黙的なスレッドは既定の暗黙的なスレッドに設定されます。

戻り値

このメソッドは、エラー値を返す場合もあります。 詳細については、 戻り値 を参照してください。

リターン コード 説明
S_OK
メソッドは正常に実行されました。

注釈

カーネル モード デバッグでは、データ構造はプロセスの KTHREAD 構造体です。

ユーザー モード デバッグでは、データ構造はプロセスのスレッド環境ブロック (TEB) です。

警告SetImplicitProcessDataOffset を使用して暗黙的なスレッドとは独立して暗黙的なプロセスを設定できるため、暗黙的なスレッドは暗黙的なプロセスに属していない可能性があります。 これにより、暗黙的なスレッドのユーザー状態のいずれかにアクセスしようとすると、仮想アドレス空間 (暗黙的なプロセスで指定) と互換性がないため、エラーが発生する可能性があります。
 
現在の暗黙的なスレッドの詳細については、「 スレッドとプロセス」を参照してください。 KTHREAD 構造と TEB の詳細については、David ソロモンと Mark Russinovich による Microsoft Windows Internals を参照してください。

要件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
Header dbgeng.h (Dbgeng.h を含む)