KoCreateInstance 関数 (kcom.h)

この関数は、内部での使用のみを意図しています。

KoCreateInstance 関数は、指定された CLSID を持つクラスのオブジェクトを作成します。

構文

COMDDKAPI NTSTATUS KoCreateInstance(
  [in]           REFCLSID ClassId,
  [in, optional] IUnknown *UnkOuter,
  [in]           ULONG    ClsContext,
  [in]           REFIID   InterfaceId,
  [out]          PVOID    *Interface
);

パラメーター

[in] ClassId

インスタンスを作成するオブジェクトの CLSID。

[in, optional] UnkOuter

新しいインスタンスに渡す外側の不明なオブジェクト。

[in] ClsContext

インスタンスを作成するコンテキスト。 これはCLSCTX_KERNEL_SERVERする必要があります。

[in] InterfaceId

オブジェクトと通信するインターフェイスの識別子への参照。

[out] Interface

InterfaceId で指定された新しいインターフェイス ポインターを受け取るポインター変数のアドレス。

戻り値

インスタンスが正常に作成された場合のSTATUS_SUCCESSを返します。 それ以外の場合は、エラーが返されます。

必要条件

   
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header kcom.h (Kcom.h を含む)
Library Ks.lib