KsAddObjectCreateItemToObjectHeader 関数 (ks.h)

KsAddObjectCreateItemToObjectHeader 関数は、指定した create-item を、このオブジェクト ヘッダーに対して以前に割り当てられた作成項目リストの空の項目に追加します。 空の項目は、エントリ内の NULL 作成ディスパッチ関数によって示されます。 この関数は、呼び出し元がアイテムの作成リストに対して複数の変更をシリアル化していることを前提としています。

構文

KSDDKAPI NTSTATUS KsAddObjectCreateItemToObjectHeader(
  [in]           KSOBJECT_HEADER      Header,
  [in]           PDRIVER_DISPATCH     Create,
  [in]           PVOID                Context,
  [in]           PWSTR                ObjectClass,
  [in, optional] PSECURITY_DESCRIPTOR SecurityDescriptor
);

パラメーター

[in] Header

以前に割り当てられた子作成テーブルを含むオブジェクト ヘッダーをポイントします。

[in] Create

使用するディスパッチ作成関数を指定します。

[in] Context

コンテキスト パラメーターを指定します。

[in] ObjectClass

作成要求の比較に使用される NULL で終わる文字列へのポインターを指定します。 オブジェクトがアクティブな間、このポインターは有効なままである必要があります。

[in, optional] SecurityDescriptor

セキュリティ記述子を指定します。 これは、オブジェクトがアクティブな間も有効なままである必要があります。

戻り値

KsAddObjectCreateItemToObjectHeader 関数は、空のアイテム作成スロットが見つかり、項目が追加された場合にSTATUS_SUCCESSを返します。 失敗した場合は、STATUS_ALLOTTED_SPACE_EXCEEDEDが返されます。

要件

   
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header ks.h (Ks.h を含む)
Library Ks.lib