FILTER_DETACH コールバック関数 (ndis.h)

NDIS は、フィルター ドライバーの FilterDetach 関数を呼び出して、フィルター モジュールに関連付けられているすべてのリソースを解放します。

メモFILTER_DETACH型を使用して関数を宣言する必要があります。 詳細については、次の例のセクションを参照してください。
 

構文

FILTER_DETACH FilterDetach;

void FilterDetach(
  [in] NDIS_HANDLE FilterModuleContext
)
{...}

パラメーター

[in] FilterModuleContext

NDIS がドライバー スタックから削除するフィルター モジュールのコンテキスト領域へのハンドル。 FilterAttach 関数でこのコンテキスト領域を作成および初期化したフィルター ドライバー。

戻り値

なし

解説

FilterDetach は必須の関数です。 NDIS は、ドライバー スタックからフィルター モジュールを削除する FilterDetach を呼び出します。 NDIS は、フィルター モジュールが一時停止状態のときに FilterDetach を呼び出します。

FilterDetach は、影響を受けるフィルター モジュールのドライバーのコンテキスト領域とその他のリソース (バッファー プールなど) を解放します。

フィルター ドライバーが FilterDetach から戻った後、フィルター モジュールは デタッチ状態 になります。

NDIS は、IRQL = PASSIVE_LEVELで FilterDetach を呼び出します。

FilterDetach 関数を定義するには、まず、定義する関数の型を識別する関数宣言を指定する必要があります。 Windows には、ドライバーの関数型のセットが用意されています。 関数の種類を使用して関数を宣言すると、ドライバー、静的ドライバー検証ツール (SDV)、およびその他の検証ツールのコード分析でエラーが検出され、Windows オペレーティング システムのドライバーを記述するための要件になります。

たとえば、" MyDetach" という名前の FilterDetach 関数を定義するには、次のコード例に示すように FILTER_DETACH 型を使用します。

FILTER_DETACH MyDetach;

次に、次のように関数を実装します。

_Use_decl_annotations_
VOID
 MyDetach(
    NDIS_HANDLE  FilterModuleContext
    )
  {...}

FILTER_DETACH関数の種類は、Ndis.h ヘッダー ファイルで定義されています。 コード分析ツールの実行時にエラーをより正確に識別するには、 Use_decl_annotations 注釈を関数定義に追加してください。 Use_decl_annotations注釈により、ヘッダー ファイル内のFILTER_DETACH関数型に適用される注釈が確実に使用されます。 関数宣言の要件の詳細については、「NDIS ドライバーの関数 の役割の種類を使用して関数を宣言する」を参照してください。

Use_decl_annotationsの詳細については、「関数の動作に注釈を付ける」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント NDIS 6.0 以降でサポートされています。
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー ndis.h (Ndis.h を含む)
IRQL PASSIVE_LEVEL

こちらもご覧ください

FilterAttach