RtlGetPersistedStateLocation 関数 (ntddk.h)

リダイレクト マップから、指定した SourceID のリダイレクトされた場所を取得します。

構文

NTSYSAPI NTSTATUS RtlGetPersistedStateLocation(
  [_In_]      PCWSTR              SourceID,
  [_In_opt_]  PCWSTR              CustomValue,
  [_In_opt_]  PCWSTR              DefaultPath,
  [_In_]      STATE_LOCATION_TYPE StateLocationType,
  [_In_]      PWCHAR              TargetPath,
  [_In_]      ULONG               BufferLengthIn,
  [_Out_opt_] PULONG              BufferLengthOut
);

パラメーター

[_In_] SourceID

リダイレクト マップで参照する識別子。

[_In_opt_] CustomValue

省略可能。 既定値と異なる場合に取得する値。

[_In_opt_] DefaultPath

省略可能。 SourceID 値のエントリがマップに見つからない場合は、この値を返します。

[_In_] StateLocationType

検索する State の種類を示す STATE_LOCATION_TYPE型の値。レジストリまたはファイル システム。

[_In_] TargetPath

値を受け取る Unicode 文字列へのポインター。 呼び出しが成功した場合。 文字列は null で終わる。

[_In_] BufferLengthIn

TargetPath が指す文字列のサイズ (バイト単位)。

[_Out_opt_] BufferLengthOut

省略可能。 指定した場合、呼び出しが成功した場合にバッファーに書き込まれたバイト数を返します。STATUS_BUFFER_OVERFLOWエラー コードで呼び出しが失敗した場合に必要なバイト数。

戻り値

操作の失敗の成功を示す NTSTATUS 値を返します。 それ以外の場合は、適切な NTSTATUS 値を返します

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10 バージョン 1803
Header ntddk.h
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe

こちらもご覧ください

STATE_LOCATION_TYPE