POFXCALLBACKREQUESTINTERRUPT コールバック関数 (pep_x.h)

RequestInterrupt ルーチンは、ハードウェア プラットフォームが低電力状態にある間に失われた可能性のあるエッジによってトリガーされた割り込みをオペレーティング システムが再生することを要求します。

構文

POFXCALLBACKREQUESTINTERRUPT Pofxcallbackrequestinterrupt;

NTSTATUS Pofxcallbackrequestinterrupt(
  [in] ULONG Gsiv
)
{...}

パラメーター

[in] Gsiv

この割り込みを識別するグローバル システム割り込みベクトル (GSIV) 番号。 ACPI ファームウェアは、すべてのプライマリ割り込みラインに GSIV 番号を割り当てます。 セカンダリ (GPIO) 割り込みラインの場合、GSIV 番号はオペレーティング システムによって動的に割り当てられます。

戻り値

RequestInterrupt は、指定した割り込みが正常に再生された場合にSTATUS_SUCCESSを返します。 考えられるエラーの戻り値には、次の状態コードが含まれます。

リターン コード 説明
STATUS_INVALID_PARAMETER
有効な GSIV 番号ではありません。

注釈

このルーチンは、電源管理フレームワーク (PoFx) によって実装され、プラットフォーム拡張機能プラグイン (PEP) によって呼び出されます。 PEP_KERNEL_INFORMATION_STRUCT_V3構造体の RequestInterrupt メンバーは、RequestInterrupt ルーチンへのポインターです。

エッジによってトリガーされる割り込み信号のアサーションは本質的に一時的であり、割り込みが発生したときにプライマリ割り込みコントローラーへの電力がゲートオフされると失われる可能性があります。 これに対し、レベルによってトリガーされる割り込み信号は、サービスが提供されるまでアサートされたままである必要があります。

PEP は IRQL <= HIGH_LEVELでこのルーチンを呼び出すことができます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10以降でサポートされています。
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー pep_x.h (Pep_x.h を含む)
IRQL <= HIGH_LEVEL

こちらもご覧ください

PEP_KERNEL_INFORMATION_STRUCT_V3