RxCompleteRequest_Real関数 (rxprocs.h)

RxCompleteRequest_Real は、RX_CONTEXT構造体に関連付けられている IRP 要求を完了します。

構文

void RxCompleteRequest_Real(
  [in] IN PRX_CONTEXT RxContext,
  [in] IN PIRP        Irp,
  [in] IN NTSTATUS    Status
);

パラメーター

[in] RxContext

完了する IRP に関連付けられているRX_CONTEXT構造体へのポインター。

[in] Irp

完了する IRP へのポインター。

[in] Status

IRP 要求が完了したときに返される状態の値。 これは、完了時に関連付けられている IRP の IoStatus.Status メンバーに格納される値です。

戻り値

なし

解説

通常、RxCompleteRequest_Real ルーチンは、ネットワーク ミニ リダイレクター ドライバーによって直接呼び出されません。 RDBSS は、このルーチンを内部的に呼び出して、I/O 要求パケットを完了します。

IRPNULL 値が渡された場合、RxCompleteRequest_Realはチェック されたビルドでエラーとしてこれをログに記録します。 RxContext に NULL 以外の値が渡された場合、RxCompleteRequest_Realは、渡された RxContext パラメーターを使用して RxDereferenceAndDeleteRxContext を内部的に呼び出して、RX_CONTEXT構造体を逆参照します。

要件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
Header rxprocs.h (Rxprocs.h、Rxcontx.h を含む)
IRQL <= APC_LEVEL

こちらもご覧ください

RxCompleteRequest

RxCreateRxContext

RxDereference

RxDereferenceAndDeleteRxContext_Real

RxInitializeContext

RxPrepareContextForReuse

RxResumeBlockedOperations_Serially

__RxSynchronizeBlockingOperations

__RxSynchronizeBlockingOperationsMaybeDroppingFcbLock