IStiDeviceControl::WriteToErrorLog メソッド (stiusd.h)

IStiDeviceControl::WriteToErrorLog メソッドを使用すると、ユーザー モードの静止画像ミニドライバーは、静止画像エラー ログにメッセージを書き込むことができます。

構文

HRESULT WriteToErrorLog(
  DWORD   dwMessageType,
  LPCWSTR pszMessage,
  DWORD   dwErrorCode
);

パラメーター

dwMessageType

メッセージの種類を表す呼び出し元が指定した定数値。 次の値は 、Sti.h で定義されています。

STI_TRACE_INFORMATION

STI_TRACE_WARNING

STI_TRACE_ERROR

pszMessage

ログ ファイルに書き込むメッセージ文字列への呼び出し元指定ポインター。

dwErrorCode

使用されません

戻り値

操作が成功した場合、メソッドはS_OKを返します。 それ以外の場合は、 stierr.h で定義されている STIERR プレフィックス付きエラー コードのいずれかを返します。

注釈

静止画像エラー ログ ファイルは sti_trace.log という名前で、Windows ディレクトリにあります。 コントロール パネルでは、エラー ログに書き込まれる静止画像エラーの種類 (情報、警告、またはエラー) をユーザーが選択できます (「変更できないレジストリ エントリ」を参照)。

エラー メッセージは、デバイスのハードウェア障害などの重大なエラー状態のために予約する必要があります。 情報メッセージは、独自のデバッグ目的で使用できます。 ログに記録されたメッセージはユーザーには表示されませんが、ユーザーの問題をデバッグするためにサポート エンジニアによって使用される場合があります。

静止画像ミニドライバーは、 IStiUSD ::Initialize メソッドへの入力として IStiDeviceControl インターフェイス ポインターを受け取ります。

要件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
Header stiusd.h (Stiusd.h を含む)