UcxEndpointCreate 関数 (ucxendpoint.h)

指定した USB デバイス オブジェクトにエンドポイントを作成します。

構文

NTSTATUS UcxEndpointCreate(
  [in]           UCXUSBDEVICE           UsbDevice,
  [out]          PUCXENDPOINT_INIT      *EndpointInit,
  [in, optional] PWDF_OBJECT_ATTRIBUTES Attributes,
  [out]          UCXENDPOINT            *Endpoint
);

パラメーター

[in] UsbDevice

エンドポイントを含む USB デバイス オブジェクトへのハンドル。 クライアント ドライバーは 、UcxUsbDeviceCreate への以前の呼び出しでハンドルを取得しました。

[out] EndpointInit

エンドポイント オブジェクトを作成するためのさまざまな構成操作を記述する UCXENDPOINT_INIT 構造体へのポインター。 ドライバーは、この構造体のコールバック関数への関数ポインターを指定します。 この構造体は UCX によって管理されます。

[in, optional] Attributes

エンドポイント オブジェクトの属性を指定する呼び出し元によって割り当てられた WDF_OBJECT_ATTRIBUTES 構造体へのポインター。

[out] Endpoint

新しいエンドポイント オブジェクトへのハンドルを受け取る変数へのポインター。

戻り値

操作が成功した場合、メソッドはSTATUS_SUCCESSを返します。 それ以外の場合、このメソッドは適切な NTSTATUS エラー コードを 1 つ返す場合があります。

注釈

ホスト コントローラーのクライアント ドライバーは、 WdfDeviceCreate 呼び出しの後にこのメソッドを呼び出す必要があります。 新しいエンドポイント オブジェクトの親は USB デバイス オブジェクトです。

このメソッドは、エンドポイントの種類、パイプ、転送、転送の最大サイズなどの情報を使用してエンドポイント オブジェクトを初期化します。

コード例については、 EVT_UCX_USBDEVICE_ENDPOINT_ADDを参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10
対象プラットフォーム Windows
最小 KMDF バージョン 1.0
最小 UMDF バージョン 2.0
Header ucxendpoint.h (Ucxclass.h、Ucxendpoint.h を含む)
IRQL PASSIVE_LEVEL