PWINDBG_WRITE_PROCESS_MEMORY_ROUTINE コールバック関数 (wdbgexts.h)

PWINDBG_WRITE_PROCESS_MEMORY_ROUTINE (WriteMemory) 関数は、Win32 WriteProcessMemory ルーチンと同様に機能します。 デバッグ中のプロセスにメモリを書き込みます。 書き込まれる領域全体にアクセスできる必要があります。または、操作が失敗します。

構文

PWINDBG_WRITE_PROCESS_MEMORY_ROUTINE PwindbgWriteProcessMemoryRoutine;

ULONG PwindbgWriteProcessMemoryRoutine(
  ULONG_PTR offset,
  LPCVOID lpBuffer,
  ULONG cb,
  PULONG lpcbBytesWritten
)
{...}

パラメーター

offset

デバッグ中のプロセスで書き込まれるメモリのベース アドレスを指定します。

lpBuffer

cb

WriteMemory が書き込むバイト数を指定します。

lpcbBytesWritten

バッファーから転送された WriteMemory の実際のバイト数を受け取ります。 このパラメーターは省略可能です。 NULL の場合は無視されます。

戻り値

ルーチンが成功した場合、戻り値は TRUE になります。それ以外の場合は FALSE です

注釈

WdbgExts 拡張機能の場合は、wdbgexts.h を含めます。 DbgEng 拡張機能の場合は、dbgeng.h の前に wdbgexts.h を含めます。 詳細については、「 DbgEng 拡張コードの記述 」を参照してください。

要件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
Header wdbgexts.h (Wdbgexts.h、Dbgeng.h を含む)