WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUE関数 (wdfio.h)

[KMDF と UMDF に適用されます]

WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUE関数は、ドライバーのWDF_IO_QUEUE_CONFIG構造体を初期化します。

構文

void WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUE(
  [out] PWDF_IO_QUEUE_CONFIG       Config,
  [in]  WDF_IO_QUEUE_DISPATCH_TYPE DispatchType
);

パラメーター

[out] Config

ドライバーの WDF_IO_QUEUE_CONFIG 構造体へのポインター。

[in] DispatchType

キューの要求ディスパッチの種類を識別する WDF_IO_QUEUE_DISPATCH_TYPE 列挙子。

戻り値

なし

解説

ドライバーは 、デバイスの既定の キューである電源マネージド I/O キューを作成するときに、WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUEを呼び出す必要があります。 WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUE関数は、指定したWDF_IO_QUEUE_CONFIG構造体を 0 にし、その Size メンバーを設定します。 また、 PowerManaged メンバーを WdfUseDefault に設定し、 DefaultQueue メンバーを TRUE に設定し、指定したディスパッチ型を DispatchType メンバーに格納します。

KMDF バージョン 1.9 以降、 DispatchTypeWdfIoQueueDispatchParallel に設定されている場合、 WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUE 構造体の NumberOfPresentedRequests メンバーを -1 に設定します。 この値は、フレームワークがドライバーに無制限の数の I/O 要求を配信できることを示します。

WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT_DEFAULT_QUEUEを使用するコード例については、「WdfIoQueueCreate」を参照してください。

必要条件

   
対象プラットフォーム ユニバーサル
最小 KMDF バージョン 1.0
最小 UMDF バージョン 2.0
Header wdfio.h (Wdf.h を含む)

関連項目

WDF_IO_QUEUE_CONFIG

WDF_IO_QUEUE_CONFIG_INIT

WDF_IO_QUEUE_DISPATCH_TYPE

WdfIoQueueCreate